学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

理解はできないが

いわゆる難しい保護者について、教員と話をしていた時だ。

もう大ベテランの教員が呟いた。「理解はできないが、そういう保護者は現実に存在する。」

何か至言に聞こえたのだ。その通りだなって。残念だけれど、頑張っても自分が理解できないことはある。その諦めというか悟りというか、変な力強さを感じたことだった。
[PR]
by walk41 | 2016-07-30 14:05 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< おもてなしの極み? 半世紀越しの悲しい記憶 >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
nation
at 2017-10-17 12:45
好みの幅広さ
at 2017-10-15 12:43
スクールソーシャルワーカー
at 2017-10-14 10:59
「奏を功する」
at 2017-10-12 20:20
付いた力は自分ではわからない
at 2017-10-11 23:31
まずは良かった
at 2017-10-09 19:14
Fiasko/fiasco
at 2017-10-08 10:40
青か緑か
at 2017-10-06 09:39
丁寧な言葉遣い
at 2017-10-05 10:26
目標を実現することが即、教育..
at 2017-10-02 22:05
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧