学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

うさぎ狩り今昔

大阪は天神橋筋の「大阪くらしの今昔展示室」に、昭和20~40年代の「懐かしい遠出の思い出」として、一枚の写真が展示されている。そこに、小学生も参加したウサギ狩りの様子がはっきりと写っているのだ。

そこで、ウサギ狩りをキーワードに検索すると、昔の記憶を語っている人のページが散見される。ウサギ汁を食べた、「棒に四足をくくられた獲物が高々と掲げられると、子どもたちは「エイ、エイ、オー!」と勝どきの声を上げるのでした」といった記述もある。なかなか逞しい。

さて、時代は変わって現在。こんなページに出合った。熊本大学附属小学校の学校行事である。「今年も附属小学校の伝統ある行事『うさぎ狩り』が行われました。網隊と勢子隊に分かれ、先生、児童、保護者が参加し、うさぎ狩りを成功させようと、熱い思いを込めてこの日を迎えました。」(2014.12)とある(http://kumamoto-fuzokusho.com/?p=4436)。ほう、今でもウサギ狩りが行われているのか、と読み進む。

ところがあにはからんや、ページはこう終わっていた。「今年の結果は残念ながらうさぎを保護することはできませんでしたが来年に向けての思いを、後輩たちにしっかり引継いでいけたことと思います。」えー、ウサギ狩りって、ウサギを保護する(一体なにから??)ことだったのかー。

ウサギ狩りって「狩り」なんだから、「保護」とはちゃうやろ、と突っ込んでも仕方がない。ウサギを捕らえて食べる、あるいは増やして食べるために掴まえる、という話とまったく違うことはよくわかった。

学校で扱われる「命を大切に」や「命の教育」というものが、いかに時代に左右される、まあいい加減なものか、一例を見た次第だ。
[PR]
by walk41 | 2016-09-13 16:32 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 研究授業 相対化が幸せにつながる? >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
名前
at 2017-12-14 10:49
児童がほかの教職員と出会う
at 2017-12-13 06:32
マンションポエム
at 2017-12-11 14:44
鉛筆で遊ぶ
at 2017-12-10 07:39
除籍の不細工さ
at 2017-12-07 18:34
変化にかかる時間の意義
at 2017-12-07 10:09
question, prob..
at 2017-12-06 14:30
「お疲れさまです」
at 2017-12-05 14:30
非標本誤差
at 2017-12-02 20:58
大学の授業の作法
at 2017-12-01 18:45
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧