学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

学校側で予め手を決められない

高校教員と話をする。いわゆる困難校に近い学校に、長らく勤務をしている方だ。

「今年の生徒はこれまでと違うなあ」と職員間で話になったらしい。きくと「学校をさぼったらあかんやんか」と教員に怒られて、素直に謝る生徒、その生徒を指して「それは、あかんやんなあ」と同意する生徒がたくさんいるというのだ。これまでは、それがいけないことだとは、少なくとも態度上は示されては来なかったらしい。

すると、教員の対応も変わってくる。もちろん、教員と生徒の人間関係にも影響があることだろう。「結局、入学してくる生徒によって違ってくる、ってことです」と先の教員は話していたけれど、その通りだろう。どんな生徒が入学してくるかについて、高校側だけで決めることができないという、ある意味で当たり前のことがここでも確かめられるという話だ。相手がわからないのに、「こんな風に進めますって」言うのは無茶、無理って思うでしょう。なんで、自分の首を絞めるようなことをわざわざ言わなあかんの。

なのに、教育委員会あるいは教育センターの一部あるいは(少なくとも、そんなポーズをとる)その賛同者たちは、「年度ごとに各学校で学校の現状を正確に捉えて、これにふさわしい教育計画を立てる」とか「そのためには、PDCAサイクルを適切に回す」と、今なお懸命に主張される。けれど、これらは学校の実際にほとんど合っていない。意地悪に言えば、現実味がない分、「(そうはなっていないけれど)だからこそ、そうしなければならない」といっそう声高に叫ばれるのだろう。

この先生からは大切な指摘もあったよ。それは、「PDCAサイクル論は、右肩あがりの成長を前提にしている」ということ。正鵠を射ていると思う。日本の経済も人口もそうだけれど、いつまでもそんなベクトルが続くはずがない。となれば、こんなサイクル論を喧伝する輩は、過去の日本に対する強いノスタルジーを持った、懐古主義者ということか。いやはや。もっと近未来を見据えた、地に足の着いた議論をしようよ。

[PR]
by walk41 | 2016-09-17 13:34 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 懸命に仕事をするということ 義眼 >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
「させていただく」
at 2017-11-23 16:09
「国立」に地域ニーズ?
at 2017-11-22 09:14
紅葉に心洗われます
at 2017-11-20 13:03
「~以外は不可」
at 2017-11-16 22:43
そんな構図ではない
at 2017-11-14 09:52
求めている次元が違う
at 2017-11-12 18:36
ゴアー
at 2017-11-11 19:45
パラ・シアター
at 2017-11-10 19:10
宣伝です
at 2017-11-09 20:30
卒業論文中間発表会
at 2017-11-08 07:57
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧