学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

「理想の教師」

学生による授業の感想に、次のようなものがあった。

‥これまでの授業は、教育を語るといつも「理想の教師とは‥」といった夢のある話ばかりだったので、ひと・もの・かねという現実的な視点で見るという発想は、経営に興味のある私にとってとてもおもしろかったです。‥

夢を語ることも大切だろう。けれど、それが現実的な基盤に立脚していないとすれば、夢想、さらには妄想となりかねない。「一糸乱れず組織人として行動する」「いじめは決して許さない」「子どもの学びを適切に見とる」と、言ってもいいけれど、そうならないとダメとまで行ってしまうと、これは無理難題という暴力性を帯びる。そんなんムリやん。

真面目な学生の中には、こうしたムリを「そうでなければならない」と考える君も出てくる。自分をいたずらに苦しめるムリを背負い込むのだ。もっと行きすぎると、この信念を生徒に押し付ける場合もありうる。「クラスの一員として恥ずかしくないのか」「いじめを傍観視するな」「一人ぼっちにさせないようにクラスメイトに声をかけよう」と、子どもたちに「そんな、殺生な」と呟かせる。多少はいいけれど、ちゃんとそうするのは難しいのだ。

労働に就くと、放っておいても仕事に対する信念が生まれる。その上で、対人サービス労働は、相手や状況によって答が多様だから、確固たる信念などは持たない方がむしろいいくらいなのだ。だから、最前線の経験をまだ持たない教員のタマゴには、信念へと煽るような授業ではなく、信念以前に学校がどんな風であるか、また学校に関わる信念がいかに形作られているかを、分析的に扱う授業がより大切と考える。

もちろん、教員養成大学でありながら、どんな授業をするのかの思惑がかくも授業者間で違う、といった現実も踏まえて、教員養成の高度化論も組み立ててほしいしね。


[PR]
by walk41 | 2016-10-25 13:48 | 授業のこと | Comments(0)
<< 教育実践は誰がすることなの 溶かす >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
寛容さー多様性を認める/求める
at 2018-02-19 13:31
「タバコを止めよう」なのだけれど
at 2018-02-19 00:43
なぜ冬でも青いのかしら
at 2018-02-18 01:28
よりよい授業のために
at 2018-02-16 11:21
教員就職率
at 2018-02-15 14:15
授業参観で頑張る?
at 2018-02-12 21:06
新刊案内
at 2018-02-12 17:25
教員もブランド服を
at 2018-02-11 23:28
ゆるキャラ?
at 2018-02-11 19:21
論理を鍛えるー形式陶冶
at 2018-02-09 10:59
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧