学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

中学生の語彙

文化祭にて、中学生の発表を観る。いずれもよく準備に励んだ力作だ。

劇やスピーチから聞こえる言葉、もちろん普段遣いではないけれど、こうした語彙も持ち得るんだなあと驚かされた。

曰く、「湯船に浸かる」「モノローグに入ってくる」「邪険にしないで」「陽気なペシミスト」「彷彿とさせる」‥

彼ら/彼女らを頼もしく感じるし、求めればたくさん吸収してくれるのだろうなとも思う。

[PR]
by walk41 | 2016-10-28 09:30 | ことばのこと | Comments(0)
<< 実践 PR >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
「タバコを止めよう」なのだけれど
at 2018-02-19 00:43
なぜ冬でも青いのかしら
at 2018-02-18 01:28
よりよい授業のために
at 2018-02-16 11:21
教員就職率
at 2018-02-15 14:15
授業参観で頑張る?
at 2018-02-12 21:06
新刊案内
at 2018-02-12 17:25
教員もブランド服を
at 2018-02-11 23:28
ゆるキャラ?
at 2018-02-11 19:21
論理を鍛えるー形式陶冶
at 2018-02-09 10:59
「いい授業」
at 2018-02-09 10:24
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧