学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

答えの出ない問題

教育評価に関わる講演を聴いた。学ぶところ大だった。

21世紀型学力というものが、問いを立てる、メタ認知、互助的な学習などを通じて形成されるならば、その評価はいかにあり得るかについて、考えさせられた。

ルーブリックやパフォーマンスといった評価の具体はさておき、そこで心しなければならないのは、答えの出ない問題を扱うということは、従前のような教える側、教員が全てを掌握できる訳ではないという、割り切りを必要とする、ということだろう。

新たなアイディアを求めることは、既存の知識をベースにするから、その点は妥当性を評価できるだろう。これに加わる知識の新しい組み合わせや、バージョンアップした発想を問うのが、これからの学力なのだから、その適切性は「先に生まれた先生」にはきっと難しい。

だから、後者については教育者も評価はできないと考えること、その上で奇抜さや面白さ(独創性)を楽しめる態度が求められるだろう。これからの学力を考える上で、楽しさ、笑い、ユーモアが教員に問われる所以である。

[PR]
by walk41 | 2016-11-26 06:34 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 懐かしい再会 ◯◯周年記念 >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
気づかなかった
at 2017-10-19 21:56
人文・社会系学問のミッション
at 2017-10-18 23:02
nation
at 2017-10-17 12:45
好みの幅広さ
at 2017-10-15 12:43
スクールソーシャルワーカー
at 2017-10-14 10:59
「奏を功する」
at 2017-10-12 20:20
付いた力は自分ではわからない
at 2017-10-11 23:31
まずは良かった
at 2017-10-09 19:14
Fiasko/fiasco
at 2017-10-08 10:40
青か緑か
at 2017-10-06 09:39
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧