学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

ものがありませんから

色々なご縁をいただくもので、高校で商業教育に携わっておられる教員の皆さんの研修会に参加した。

懇親会でお話ししていると、ある方が「商業教育にはものがありませんから」とおっしゃる。えっと思い聞き返すと、「工業教育だとものがあるでしょう。商業教育にはそれがありませんから」と。なるほど。

商品開発と販売提携、簿記、プログラミング、と「もの」に不足することはないと傍目には思われるのに、当事者には必ずしもそう思われていないことに驚かされた。

ならば、普通教育である初等・前期中等教育はもっと「ものがありませんから」ということになる。児童・生徒の意欲、学び、学力、「生きる力」いずれもまあわからないものだ。当事者はいつも言葉遊びの陥穽に陥りかねない、改めて心しなければと思わされた次第だった。

[PR]
by walk41 | 2016-12-28 12:04 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 持って帰る アベック >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
寛容さー多様性を認める/求める
at 2018-02-19 13:31
「タバコを止めよう」なのだけれど
at 2018-02-19 00:43
なぜ冬でも青いのかしら
at 2018-02-18 01:28
よりよい授業のために
at 2018-02-16 11:21
教員就職率
at 2018-02-15 14:15
授業参観で頑張る?
at 2018-02-12 21:06
新刊案内
at 2018-02-12 17:25
教員もブランド服を
at 2018-02-11 23:28
ゆるキャラ?
at 2018-02-11 19:21
論理を鍛えるー形式陶冶
at 2018-02-09 10:59
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧