学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

「事件は現場で起きている」

大阪府による統一学力テストの実施に際して、「2年生157人中、88人が体調不良や「家の都合」を理由に欠席した。先月中旬、2年生のクラスで、担任教諭がテストの趣旨を説明した際、結果次第で内申点が下がる可能性があることなどを伝えた上で、「体調不良なら休んでもいい」と話した。その後、「休んでもいいらしい」とのうわさが、学年全体に広がったという。」(読売新聞、20170113)

テストに不在ならば学力を測定できないから、教育委員会としては困る。かと言って、この教員の対応に問題があったかと問われると、そうとも言えない。ここに学校でのコミュニケーションの特徴が見える。それは、教育委員会と学校、学校と各教員、さらに教員と生徒の間で、説明ー解釈のズレがどうしても生じるということである。

業務への従事者の間でのズレに加えて、児童・生徒という非従事者との関係における齟齬を考えると、学校でのコミュニケーションがいかに難しいかがわかる。だから、「伝えればわかるはず」と思わずに、「必ずといってよいほどに伝わるとは限らない」と踏まえてこそ、実際的だ。

「ホウレンソウ(報・連・相)」が大切だ、で終わらないで、ズレた時にどうするか、そもそもズレを想定した計画をどう立てるか、を考えること、「現場で結構な部分が決まる」ことを踏まえて、最前線スタッフの力量をいかに高めるかに心すること、そんな着眼が必要ではないだろうか。



[PR]
by walk41 | 2017-01-14 08:07 | コミュニケーション | Comments(0)
<< 解答用紙/答案用紙 感情という資源 >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
マンションポエム
at 2017-12-11 14:44
鉛筆で遊ぶ
at 2017-12-10 07:39
除籍の不細工さ
at 2017-12-07 18:34
変化にかかる時間の意義
at 2017-12-07 10:09
question, prob..
at 2017-12-06 14:30
「お疲れさまです」
at 2017-12-05 14:30
非標本誤差
at 2017-12-02 20:58
大学の授業の作法
at 2017-12-01 18:45
恐るべし学校評価
at 2017-11-27 23:06
進展する学校での情報教育(ド..
at 2017-11-27 12:01
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧