学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

「いじめ担当専門職員」を配置せよ

学校におけるいじめの防止、対応について議論が喧しい。昨年末の会議では、文部科学省の官僚が「部活、教育相談よりも、いじめ対応を最優先してほしい」旨の発言をしたとも聞く。

いじめに限らないが、問題が起こるたびに、しっかりやれ、と檄を飛ばすのは、およそ科学的ではない。従来は手薄だったところに手を掛けなければならない、というのであれば、主に人的資源を新たに投入することは当然だからだ。部活、教育相談をなおざりにしていい、という意味ではなく、部活、教育相談も、そしていじめ問題にも対応せよというのである。

そんなマルチタスクをこなせる人は多くないだろう。世の中で働いている人の60人に1人くらいが教員、という社会的水準に適った話をしてもらわなければ、絵に描いた餅にすぎない。スーパーマンは教職になかなかいないのだ。

ならば、いじめ問題をもっぱら担当するスタッフを「チーム学校」の一員として揃えればいい。授業を持たず、学級担任でもなく、部活も担当せず、進路指導も担わない新たな職員を全校に配置し、朝から夕方まで「いじめはないか」と学校内外を歩きまわるのだ。児童・生徒から「いじめられたと感じた」と訴えがあれば、即、事実を確かめ、校長ほか執行部に連絡をとって対応する。一校に一人配置として、小学校、中学校、高校ほか、初等・中等教育学校の学校数分、およそ36000人の雇用も生み出せる。

常勤職員として設計すれば、時給1500円で、一人あたり年に500万円、合わせて1800億円の予算を計上する。「どんな小さないじめも見逃さない」のであれば、このコストは高いとは言えないだろう。

こんな青写真なしに、もし議論がなされているのならば、今いる教員の多忙をより強めることになる。これは、現有資源のいたずらな消耗であり、事態をより悪化させる。こんな方向をマクロな経営を担当する者が示してよいのだろうか。課題が増えればマンパワーがより必要、現有スタッフがサボっていると認知しているのでなければ、この方向しか残らない。それとも、何かいいアイディアがあるだろうか。







[PR]
by walk41 | 2017-01-30 17:25 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 絆は要らない 「正しい書き順」 >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
気づかなかった
at 2017-10-19 21:56
人文・社会系学問のミッション
at 2017-10-18 23:02
nation
at 2017-10-17 12:45
好みの幅広さ
at 2017-10-15 12:43
スクールソーシャルワーカー
at 2017-10-14 10:59
「奏を功する」
at 2017-10-12 20:20
付いた力は自分ではわからない
at 2017-10-11 23:31
まずは良かった
at 2017-10-09 19:14
Fiasko/fiasco
at 2017-10-08 10:40
青か緑か
at 2017-10-06 09:39
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧