学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

教員の学校間転任人事

南ドイツの初等ー前期中等学校の校長、13年目になる方と話をする。

同氏は、場合によっては同じ学校に30年、35年と勤務する教員が決して珍しくないこの地の状況を嘆かわしく思っているが、如何ともしがたい。というのは、「本人の希望がない限り、学校間を転任しなくてもいい」というルールが、同州の教員人事に基本的に貫かれているからだ。

同じ学校に長く勤務すると、あまりに慣れてしまい、新しいことへの挑戦や革新が、なおざりになってしまう。「10年くらいまではいい。けれど、それ以上は長すぎだ」と同校長は見る。

ひるがえって日本の学校間転任人事は、明治の頃からおそらく全国津々浦々まで、幅はあれどまず10年間を超えることなく、すべての教員に対して行われてきた。もっとも、高校なかでも専門教育学科に関わる教員については、該当しない場合も少なからずある。世で語られる「こんな風なのは世界でも日本だけ」という常套句は、ほとんどが間違いや虚偽だが、この仕組みについてはおそらく日本だけ、しかも100年以上の経験を持っているものだ。それは、いったい誰のアイディアだったのだろうか。

ともあれ、教員が新しいことに臨む姿勢に乏しくなっていくこと、その結果/原因として、教員の自己革新が見られない様は学校管理職の悩みの一つ、という点は、日本とドイツのこの地に共通するようだ。


[PR]
by walk41 | 2017-03-03 20:47 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< コストとそのパフォーマンス 「おもてなし」の源泉 >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
人一倍
at 2017-08-18 12:45
Platoon
at 2017-08-16 23:25
〜しか〜ない
at 2017-08-15 19:34
7月4日に生まれて
at 2017-08-14 22:54
耐えられる能力
at 2017-08-13 16:29
negative capab..
at 2017-08-13 12:45
悲しいとき〜
at 2017-08-12 13:43
校内研究再々論
at 2017-08-11 23:49
「学級担任による指導の違い」..
at 2017-08-10 21:16
いじめはこうして起こる
at 2017-08-09 16:26
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧