学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

海学校・山学校

沖縄県恩納村の博物館を訪れる。昔のこの地の暮らしが伝わる展示になっており、勉強になる。失礼ながら、村立の施設にしては頑張っているなあと感じた。

この中に、海学校、山学校という言葉のあったことを知り、とても興味ふかく説明を読んだ。曰く、学校に向かうも、途中の海や山で時間を過ごして、結局学校には行かずじまいで終わることがあったこと、子どもたちは学校はつまらないところとわかっており、学校的な勉学はしなかったけれど、生活上の知識はしっかり身につけていたと、1915年生まれの人の回想が紹介されている。そして、海や山で過ごしたことを、子どものたちの間で海学校、山学校と呼んでいたということも。

面白いなあ。学校が日々の労働とはかけ離れた知識や技術を扱っていたこと、それを子どもは経験的にわかっていて、海学校、山学校としてやり過ごしていたことがわかる。そして、学校も来ない子どもの家に連絡するすべもなかっただろうから、おそらく、学校の方もなあなあで済ませていただろう。海や山で遊んだ子どもは家に帰って「行ってきました」と親に報告したのだそうだから。

現在、学校の位置づけはずいぶんと変わってしまったけれど、人工物としての学校という視点の大切さを持ち続けるためにも、歴史を学ばなければならないと強く思う。当たり前に見えることが決してそうではないことを、繰り返し確かめるために。


[PR]
by walk41 | 2017-03-27 06:58 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 体組成計の謎 重ねて自分を疑う >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
名前
at 2017-12-14 10:49
児童がほかの教職員と出会う
at 2017-12-13 06:32
マンションポエム
at 2017-12-11 14:44
鉛筆で遊ぶ
at 2017-12-10 07:39
除籍の不細工さ
at 2017-12-07 18:34
変化にかかる時間の意義
at 2017-12-07 10:09
question, prob..
at 2017-12-06 14:30
「お疲れさまです」
at 2017-12-05 14:30
非標本誤差
at 2017-12-02 20:58
大学の授業の作法
at 2017-12-01 18:45
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧