学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

給食の是非

中学校での給食が完全実施されていない市で、市長がこれを実現すると議会で打ち出したそうだ。当該の教育委員会のお喋りでは、学校は大変やなあと頭を抱えているらしい。

うかがうと、落ち着いている学校ならばいいのだけれど、そうでない学校の場合、給食の時間が近づく4時間目あたり、廊下付近に運び込まれる食缶をねらう悪童たちが、唐揚げやデザートのプリンなどをかっさらっていくため、教員たちは早くも食缶を教室に運び込み、奪われないように自衛しなければならないのだという。もちろん、昼食時の配膳や片付けなどでも困難が予想されるのだろう。

なるほど、給食があるとこんな事態も想定しないといけないのか、と思っていたら、違う角度からのエピソードも聞いた。それは、給食がないことによる「いじめ」である。

中学時代、ある女子生徒のお弁当は、保温機能のついたもので、しばしばカレーを持参していたそうだ。お昼時、温かなカレーの香りが教室中に流れたのだろう、このことを面白くないと思っていたクラスメイトの多くが、彼女が転校生だったということもあり、カレーに引っかけて「何か臭わへん」「加齢臭ちゃう」と言い始めた。彼女は声すら掛けてもらえなかった状況だったので、いじめではなくいじられているという感覚だったのではないかと、当時同じ教室にいた人は回想する。なぜかって、自分のカレーを指して、「これ美味しいで」と返していたそうだから。ちなみに、昼食時間、その場にいた学級担任教員は、これを助長こそしなかったものの、何も言わなかったとのこと。

ああ、子どもに限らないが、人間が集まるところ、必ずといってよいほど、葛藤、衝突、権力争い、傷つけ合いが起こる。学校も本当に大変である。
[PR]
by walk41 | 2017-04-02 17:42 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 「親孝行などの徳目は大事だ」 「国民の税金が投入」ではない >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
「指導死」の背景
at 2017-10-22 21:46
気づかなかった
at 2017-10-19 21:56
人文・社会系学問のミッション
at 2017-10-18 23:02
nation
at 2017-10-17 12:45
好みの幅広さ
at 2017-10-15 12:43
スクールソーシャルワーカー
at 2017-10-14 10:59
「奏を功する」
at 2017-10-12 20:20
付いた力は自分ではわからない
at 2017-10-11 23:31
まずは良かった
at 2017-10-09 19:14
Fiasko/fiasco
at 2017-10-08 10:40
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧