学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

やっぱり変わって来たんだね

b0250023_21584093.jpg

長野県松本市の旧開智学校にて、明治期の学校の挙手を説明するボードから。

今と比べると、手のひらを前にする、肘を直立させることが違うね。現在の多くは、手のひらを横に、肘は伸ばす、だと思うから。

これまた長い時間の中で、なぜかはともかくも変わって来たこと、だから、こうあるべきといま声高に言ったとしても、やがて変わって行くものなのだと諦める、踏まえることが大切だと気づける。



[PR]
by walk41 | 2017-05-24 22:03 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 教科書通りにはいかない ゴミを拾う人 >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
非言語に見られる自己認知と自..
at 2017-08-23 11:41
お店の名前
at 2017-08-22 09:11
地毛は大切?
at 2017-08-21 10:30
「言い切れる正しさ」
at 2017-08-21 09:34
「子どもらしさ」と感情の表出
at 2017-08-19 16:13
人一倍
at 2017-08-18 12:45
Platoon
at 2017-08-16 23:25
〜しか〜ない
at 2017-08-15 19:34
7月4日に生まれて
at 2017-08-14 22:54
耐えられる能力
at 2017-08-13 16:29
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧