学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

迷いつつする仕事

学部生に授業、教員研修について話をしながら思う。

教員の業務が規定どおり、つまりオペレーションとして行われるのであれば、やり方とその考え方を伝えれば概ねいい。けれど、その実際の少なくない部分が規定や予定どおりには行かない、さらにはそもそもの規定や予定が適切かどうかが必ずしも明らかではない、という特徴を踏まえて、教員の研修のあり方も考えなければならないな、と。

エクセルの使い方、読まれやすい学級通信の作り方などであれば、その目的や手段が明らかだから、迷いは少ない。やり方として相当部分まで習得できるだろう。

けれど、児童・生徒、保護者、同僚や地域住民などといかにコミュニケーションを取るか、というテーマであれば、オペレーションとして扱える余地は小さい。発声は明瞭に滑舌よく、聴くことを心がけて、いたずらに難しい表現は用いないといった、自分でどうにかできる事柄については、やり方を知れば済む。

けれど、コミュニケーションは相手によって受け止められ方が違う、相手の様子に自分の振る舞いが左右されるといったことが頻繁に起こるものでもあるので、こうすれば上手くできるとはなかなか断言できない。「さっさと言って」とゆっくり話すのを嫌がる人もいれば、言葉少ないのを好む人もいる。経験も相まって世代ごとに好まれる、頻出する表現とそうでない表現も多様だ(「昔取った杵柄」と言って伝わるのは特定の世代だけ)。それらは、ケースバイケース、状況依存、相手次第、相互作用と色々な言い方で語られる、不確実な行為だからである。

この他にも、状況認識、意思決定、リーダーシップなど、教員の職務の多くに関わる事柄がこれに当てはまる。

だから、教員はあるオペレーションにも携わりつつ、わからないなあ、どうかなあと迷いながら業務に臨まざるを得なくなる。裏返せば、迷いのない仕事ぶりは、全能感に満ちた、思考停止の状態とも言える、怖いことである。

だからこう導けるだろう。教員の自己研修、校内研修、集合研修では、オペレーションの部分を知りつつ、他面で、なかなか答えの出ない問いに出合うこと、自分の既存の理解を揺るがし、彷徨うこと、わからなさに耐えること。そんな思考体力とその育成に向けた肯定的態度を養うことが肝要だと。






[PR]
by walk41 | 2017-05-31 10:09 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 教育目標はいつ実現される 学校間転任人事の効用ありか >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
nation
at 2017-10-17 12:45
好みの幅広さ
at 2017-10-15 12:43
スクールソーシャルワーカー
at 2017-10-14 10:59
「奏を功する」
at 2017-10-12 20:20
付いた力は自分ではわからない
at 2017-10-11 23:31
まずは良かった
at 2017-10-09 19:14
Fiasko/fiasco
at 2017-10-08 10:40
青か緑か
at 2017-10-06 09:39
丁寧な言葉遣い
at 2017-10-05 10:26
目標を実現することが即、教育..
at 2017-10-02 22:05
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧