学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

学校が壊れた

2011.3.11の東日本大震災で地震と津波の被害を受けた学校の一つ、仙台市立荒浜小学校を訪れた。震災遺構として、2017年春から一般公開されている。

津波といっても海水だけがやって来るわけではない。途中で飲み込んだあらゆるものが渾然一体になって、いわば塊として押し寄せて来るのだ、ということを、当時の写真や校舎に残された傷あとから知ることができた。

一階の保健室にやってきたのは、複数の自動車である。すでにかなり潰されたクルマが諸々のものと一緒に、窓を突き破って屋内に突っ込んだ。児童と教職員、避難してきた住民はすでに二階以上に上がっておられたようだが、凄まじい破壊力だったことだろう。

日頃、授業やゼミあるいは研修で、学校の暴力的性格を述べる自分ではあるけれど、こうして学校が壊れていったさまを知るに、形容できない悲しみに襲われる。児童・生徒と教職員が一日の一部ではあれ、生活を送る場である学校の大切さにも改めて気づかされる。

[PR]
by walk41 | 2017-08-08 11:17 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 「前のクラスに帰る?」 恋文 >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
「タバコを止めよう」なのだけれど
at 2018-02-19 00:43
なぜ冬でも青いのかしら
at 2018-02-18 01:28
よりよい授業のために
at 2018-02-16 11:21
教員就職率
at 2018-02-15 14:15
授業参観で頑張る?
at 2018-02-12 21:06
新刊案内
at 2018-02-12 17:25
教員もブランド服を
at 2018-02-11 23:28
ゆるキャラ?
at 2018-02-11 19:21
論理を鍛えるー形式陶冶
at 2018-02-09 10:59
「いい授業」
at 2018-02-09 10:24
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧