学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

「前のクラスに帰る?」

前年度の学級担任の指導がいわば入りすぎていて、引き継いだ教員が苦労するという話の絡みで、次のようなことを言う教員もいると聴いた。こちらは、九州の小学校である。

新たな学級担任が、前の学級でのやり方と違うことを児童に求める。たとえば、挙手の仕方(グー・チョキ・パーを示すのか否か)が違うと、子どもが「前の先生が言ってたのと違う」と反応する。すると、教員はこう言うそうだ。「じゃあ、前のクラスに帰る?」「じゃあ、このクラスに居られないね。」

これはもう立派ないじめではないか。問題は、スタイルを調整できない教員たちにこそあるのに、教員によって対応を変えられない児童が責められるというのは。

これまた教育委員会系の言説には、「報告・連絡・相談」が大事だとある。けれど学校での実態は、「こんな風に学級の子どもに接してきました」と報告や連絡はなく(ところで、報告と連絡はどうぞ違うんだ。ホウレンソウという語呂合わせのためだけなのか)、「どうしましょうね」と相談もない。

「私は好きにやるから、あなたも好きにやったら。だから、お互い干渉しない、言いっこなしね。同僚性が大事だもんね。」

「見猿聞か猿言わ猿」であることが、学校という職場で「仲良く」あるための必須条件である。


[PR]
by walk41 | 2017-08-08 14:17 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< いじめはこうして起こる 学校が壊れた >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
地毛は大切?
at 2017-08-21 10:30
「言い切れる正しさ」
at 2017-08-21 09:34
「子どもらしさ」と感情の表出
at 2017-08-19 16:13
人一倍
at 2017-08-18 12:45
Platoon
at 2017-08-16 23:25
〜しか〜ない
at 2017-08-15 19:34
7月4日に生まれて
at 2017-08-14 22:54
耐えられる能力
at 2017-08-13 16:29
negative capab..
at 2017-08-13 12:45
悲しいとき〜
at 2017-08-12 13:43
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧