学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

いじめはこうして起こる

現職の教員の皆さんと時間を過ごす。

話の発端は、信念や主義・主張にも依る教員の職務上、学級、学年間で教員の違いがあり、連携や一貫が難しいのではという私からの問いかけに対して、こんなクラスを担任したことがあるというエピソードが寄せられたことだ。

新しいクラスになって、給食時間、児童が列をなすのでどうしたのかと尋ねると、前の担任は、給食当番のエプロンを忘れると、みんなに迷惑がかかるから、前に出て全員に謝らせていたのだという。この習慣が残っている児童は、担任教員が替わったにもかかわらず、そうすべきものと思い、謝るべく並んでいたのだ。

確かに忘れ物をするのはよろしくない。けれど、それは全員を前にして謝らせるほどのことだろうか。忘れ物が繰り返されれば、きっと否定的なアダ名も付くだろう。そのラベリングが、「クラス困り者」として排除されていくだろうことは容易に想像できる。

かくして、いじめは正義とセットで起こる。そのきっかけを担任教員が作り出している場合もある。正義を振りかざすことが危険だとは、このことからも導ける。

[PR]
by walk41 | 2017-08-09 16:26 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 「学級担任による指導の違い」と... 「前のクラスに帰る?」 >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
nation
at 2017-10-17 12:45
好みの幅広さ
at 2017-10-15 12:43
スクールソーシャルワーカー
at 2017-10-14 10:59
「奏を功する」
at 2017-10-12 20:20
付いた力は自分ではわからない
at 2017-10-11 23:31
まずは良かった
at 2017-10-09 19:14
Fiasko/fiasco
at 2017-10-08 10:40
青か緑か
at 2017-10-06 09:39
丁寧な言葉遣い
at 2017-10-05 10:26
目標を実現することが即、教育..
at 2017-10-02 22:05
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧