学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

クリスマスイブの開店をめぐって(ドイツ語記事)

クリスマスイブの開店をめぐって-いくつかのスーパーマーケットは開店 20171105 Stuttgarter Zeitung

労働組合Verdiは、今年のクリスマスイブの開店があり得ることを攻撃している。スーパーマーケットAldiはすでに閉店を決めているが、他のスーパーマーケットチェーンは開店を検討中だ。

多くのスーパーマーケットはクリスマスイブに開店を考えている。今年は日曜日に当たる。

Essen/Berlinから/労働組合Verdiは、今年のクリスマスイブの日曜日に買い物をしないように呼びかけている。「個人営業主は他の人と同じように、クリスマスの準備と家族とともに祝うことを望んでいる。今年のクリスマスイブが日曜日であるからと日曜日の営業時間を適用するなど、信じられない皮肉だ」とVerdi連邦代表メンバーのStefanie Nutzenbergerは話す。

労働組合は消費者に対してもこう呼びかけている。(買い物をするクリスマスイブの)この時間は、営業に従事している人にとっても人間である時間だということを。「私はお客に対しても、12月24日は買い物をしないように諫めるつもりだ」とVerdiのOrhan Akmanは言う。「個人営業主はクリスマスイブに働くことに対して、自分を守る術を持たない」とも。

店の閉店時間に関する規則は州事項であり、クリスマスイブの営業時間はそれぞれの州が、たとえばNordrhein-Westfalen州では食料品やタバコといったものに限って開店を認めていることを決めている。スーパーマーケットやパン屋といった店の開店時間についても州により様々だ。

「クリスマスイブは第一に従業員のことを考える」
ディスカウントストアのAldiは、かき入れ時のクリスマス週の最終日、12月24日は引き続きドイツ全体で閉店すると伝えている。「クリスマスイブについては、長く忙しい週のあとの休みとしてクリスマスを祝うべき従業員のことをまず考える。」巨大業者はこう決定した。

同じくディスカウントストアのReweは、5000店以上のいわゆるチェーン店については引き続き閉店するが、約1200店のReweネットアークに属する自営業者については自分で決定できると言う。「開店するつもりの店はある」とReweのEdekaは強調した。市場の多くは個人営業の人々によっていると。彼らは自分で開店時間を決められる。同様にディスカウントストアのLidlは今のところ、このことについて明らかにしていない。

Nordrhein-Westfalen州の商業連盟Simone Schwan,は、約80パーセントの店はクリスマスに開店しても需要がないと見ている。「今のところ、大抵が閉店したのと同じようになるだろう」と述べた。(http://www.stuttgarter-zeitung.de/inhalt.umstrittene-sonntagsoeffnung-an-heiligabend-wollen-einige-supermaerkte-oeffnen.5f3648d1-85ea-4f43-b0c9-dd19889c2f33.html)

[PR]
by walk41 | 2017-11-06 11:47 | Comments(0)
<< エチケットつづき 地域社会にとっての学校 >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
「タバコを止めよう」なのだけれど
at 2018-02-19 00:43
なぜ冬でも青いのかしら
at 2018-02-18 01:28
よりよい授業のために
at 2018-02-16 11:21
教員就職率
at 2018-02-15 14:15
授業参観で頑張る?
at 2018-02-12 21:06
新刊案内
at 2018-02-12 17:25
教員もブランド服を
at 2018-02-11 23:28
ゆるキャラ?
at 2018-02-11 19:21
論理を鍛えるー形式陶冶
at 2018-02-09 10:59
「いい授業」
at 2018-02-09 10:24
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧