学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

鉛筆で遊ぶ

キーボード入力にすっかり馴染んでいるため、久しく眺めることがなかったのですが、鉛筆を見ていて思い出したことがありました。

b0250023_07194337.jpg
上の写真(http://namwo.asablo.jp/blog/cat/pencil/?offset=5 より拝借)のように、六面あるこの鉛筆の三つの表面には印(飾り)が刻まれています。この鉛筆を二本転がして「野球」をするのですが、飾りの出方を次のように見なすのです。

両方とも金色の飾りが出たら「ホームラン」、同じく長い目の飾りなら「三塁打」、同じく短めの飾りなら「二塁打」、そして何れかの違う組み合わせならば「シングルヒット」、それ以外は凡打(アウト)、いずれか塁に出ていて長い目の飾りが次に出たら「送りバント」、三塁に出ていて金色の飾りが出たら「タッチアップ」と。

いずれかの飾りがともに出る確率は2分の1の二乗、4分の1ですから「打率」にすれば2割5分、ちょうど本物の野球選手のようでしょう。「ホームラン」か「三塁打」か「二塁打」の出る確率は6分の1の二乗、36分の1、その3倍で12分の1で、出ると少しありがたみがあります(実際の確率に近いかどうかは知りませんが)。

以上のルールのもと、二人で先攻と後攻に分かれて、鉛筆を転がし合い、「試合」をするのです。鉛筆を握ってはお祈りをしたり、微妙な留まり具合で言い合ったり、今思えばほほえましい、馬鹿なような遊びでしたが、小学校・中学校と休み時間にやったように思います。盛り上がると家で一人でやることも。先攻が自分ならば懸命に転がし、後攻は(不在の)相手方の分をいい加減に自分で転がして、先攻が勝つように頑張るといったようにです(実に暗い)。

今ならば間違いなくコンピュータゲームでしょうが、こんなあまりにも素朴な遊びを、みなさんもやったことがありますか。それとも、まさか私の発明!?

[PR]
by walk41 | 2017-12-10 07:39 | Comments(0)
<< マンションポエム 除籍の不細工さ >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
「させていただく」
at 2018-01-22 15:29
正直
at 2018-01-22 10:37
アニミズムと神社
at 2018-01-21 17:20
見て見ぬふりをしている自分
at 2018-01-20 23:26
「失礼な学生」
at 2018-01-20 00:30
標準学力テスト
at 2018-01-18 11:25
ドイツ常設文部大臣会議(KM..
at 2018-01-17 17:07
お手軽な電子メール
at 2018-01-16 09:58
学校教員の業務負担論
at 2018-01-16 08:48
長期休業の集中と分散
at 2018-01-14 12:42
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧