学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

児童がほかの教職員と出会う

知り合いから、娘さんが通う小学校でこんな機会を得たと聞いた。間接情報で恐縮だけれど、興味深いと思い紹介する。

全校規模が200人くらいの学校で、ある日、すべての児童が学級担任ではない別の教員を事前に選び、「相談」と称してその教員に会いに行くという企画があったという。その4年生の女の子は特段、相談事もなかったようだが、普段とは別の教員と10分程度、一対一でおしゃべりをしたそうだ。いい機会になったのではないだろうか。

これを聞いて、いまドイツでうかがっている中等学校のことを思い出した。そこでは、教員が10名ほどの生徒を担当し、基本的に2週間に1回(実際は必ずしもそうではないが)、コーチングの時間を設けている。それは、学習の進捗を確かめるとともに、生徒が自発的に目標に向かうよう促す場となることが期待されているが、これを担当するのは、生徒の直接の担当(学級という概念がないので、表現が曖昧な点はご容赦を)ではない教員という点で特徴的だ。なぜなら、担当の教員との関係ゆえに生じている問題もあること、そして他の教員にならば話せる状態のあることを想定しているからである。

日本の昨今の「チーム学校」論は、目的合理性に傾斜した、何かを達成するための組織として考えられているようだが、そうではなく、いわば緩やかなつながりの一つとして、学級担任や教科担任以外の職員と接する機会を設けるのは、とても大切ではないだろうか。

児童・生徒にも、大人と同じように人間関係の「濃い・薄い」はあってしかるべきだろう。ならば、彼ら/彼女らと教職員との関係についても「濃い」ものばかりではなく、「薄い」ものも設計することの意義が確かめられるべきだ。この点、学校教育論の宿命かもしれないが、そこではあまりに懸命に、つまり「濃い」関係に(「社会総掛かりで教育を」といったように)終始していると言えるだろう。




[PR]
by walk41 | 2017-12-13 06:32 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 名前 マンションポエム >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
「させていただく」
at 2018-01-22 15:29
正直
at 2018-01-22 10:37
アニミズムと神社
at 2018-01-21 17:20
見て見ぬふりをしている自分
at 2018-01-20 23:26
「失礼な学生」
at 2018-01-20 00:30
標準学力テスト
at 2018-01-18 11:25
ドイツ常設文部大臣会議(KM..
at 2018-01-17 17:07
お手軽な電子メール
at 2018-01-16 09:58
学校教員の業務負担論
at 2018-01-16 08:48
長期休業の集中と分散
at 2018-01-14 12:42
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧