学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

<   2011年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

割り切れない(日本の)学校教育

法政大がまとめた都道府県幸福度ランキングで46位だった高知県の土佐経済同友会は13日、一人当たりの酒量や家族や仲間と飲みに行く回数などを指標に含めた高知独自の幸せ指数「GKH(Gross Kochi Happiness)」を導入し、「日本一の幸福実感県」を目指すべきだとする提言をまとめ、県と高知市に提出した。‥ 

提言ではGKHの指標に、豊かな自然環境と観光客の満足度や、医療機関・介護施設の充実度などのほか、飲み会の回数や酒量も含め、「地域の絆の強さが表れる項目で評価すれば、高知らしさが表れる」とした。‥「実際には県民の多くは幸福だと感じているはず。新たな価値基準に基づいて中長期的な戦略を練り、県民の幸福を追求すべき」などと話した。(2011年12月13日、読売新聞)

酒量が多いと幸せともいえるが、不幸の始まりでもある。自分の県のランクが高くなるような指標を考えるという、逆転現象が生まれるのは、それぞれの幸福観があるからこそ。

学校でも数値化目標を掲げるところがあるが、それは誰にとっての「幸福度」なのか。また、それが達成できなかったときは、どうすればよいのか、「改善」の手立てはあるのか。

そもそも、児童・生徒とはいえ、限られた期間で人間の変化を測定することにどれほどの意味があるのか。またとらえようとする側の能力や「まなざし」の問題はないのか等。

だから、「学校ってよくわかんない」ってことにいつも落ち着くんだなあ。かといって、これを超えなきゃという発想も魅力的でないし‥。今更ながらどう考えたらええんやろと困っている。
[PR]
by walk41 | 2011-12-28 10:53 | 学校教育のあれこれ | Comments(2)

家で食事を作るのは非効率的?

インターネット版の読売新聞にある、「発言小町」をよく読んでいる。

「アジアの食事情」を聞きたいと書き込んだ主に、「専門の人が調理をし、後片付けも、ごみ出しもやってくれる外食の方がとても効率的であるし、こうした点で不効率な日本は、国際競争にも負けてしまうのでは」と返答があったのを読んで、考えさせられた。

たしかに、食材はまとめて買ったほうが安いだろうし、それなりの量をいっぺんに料理すれば、光熱費も安上がりかもしれない。片付けも大型の食器洗浄機を使えば、水も洗剤も少なくて済むかも…。何よりも、計画的に生産や流通の管理ができるから「合理的」だ。

でも、でもちょっと待って。買い物に行くのは物価を知る機会になるし、料理や配膳は一緒にやれば楽しいし、片付けはちょっと面倒だけど使う食器に愛着も持てる。ゴミ出しで地球環境のこれからを考えることもある。食事をするって、栄養補給だけではないのだから。

さて、ここから敷衍して、学校教育の話。
誰かさんに作ってもらった学習指導要領や教科書、あるいは学習塾のプログラムを与えられるのもいいけど、それだけでは外食や中食つづきの食事とあまり変わらない。「はい、お口を開けて、あ~ん」で栄養を口に流し込まれるのは楽ちんだけど、おもしろくない。自分で見て、感じて、何かやってみて、それぞれに「学ぶ」。「学力向上」の上では無駄なこともあるけれど、「学ぶ」ことは生きることだから、長い人生、どれが無駄か予め見通すことができるわけではない。未来に向かって生きる、と詩的には語れても、肝心の未来が見えている訳ではない。人はそんなに目的的に生きていない。

この点で、決められた通りに進むという「エスカレータ」型や、これを批判したゴールにたどり着くまでの過程はそれぞれと主張する「登山」型のいずれも、ゴールを想定している点では同じものだ。「ゴール・フリー」という言葉も聞いて久しいけれど、ふつう「ゴール」を設定しているがゆえの言葉でもあると考えれば、公教育としての学校は、入力に対する出力の間を繋ぎたがる、この枠組からはどうしても飛び出せないのかなとも思う。

「寄り道もいいじゃないか」という言い方も同じだ。どれが本道でどれが寄り道なのか、必ずしもわからないところがおもしろいんじゃないのかな。学校教育も、自分の辿った道に愛着が持てるような場であってほしい。でも、こうした「あるかないかわからない、神学論争はダメだ」って言われるのが昨今のご時世ということだろう。

私の中学校時代、尊敬できる先生なんてほとんどいなかった。「なんでこうなんや?」って、それが学校を研究しようと、教育学を知るきっかけになったほどなのだから…。でも、このことが今の仕事につながってるのだから感謝すべきなのかな。本当にいい加減な学校だったけれど。
[PR]
by walk41 | 2011-12-25 18:05 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)

なんで止められへんのや、教員免許更新講習

ほん探してたら、菅 聖子『子どもが幸せになる学校―横浜サイエンスフロンティア高校の挑戦』(ウェッジ、2010)が目に入ってん。

どっかで見た学校名やなて思ったら、そうや、副校長が学歴詐称と教員免許状なしで25年以上も教壇に立ってた事件や、って思い出したわ。

http://d.hatena.ne.jp/morubasumomo/20110729/1311953490

英語だけとちゃうで、数学でも高い指導力でえらい有名やったせんせ、「改革」の失敗が許されへんこの学校に来やったけど、一期生が卒業する前に、書類の偽造でさっさと辞めてしもた。横浜市教育委員会はこの人を告発したんかいな。

免許状を持たんでも「優れた指導力」、公文書偽造してても「高い倫理性」は問題にならへんかってんやから、教員免許もってるからって、たいしたことあらへん。「ニセ医者」は人を殺しかねんからえらいことやけど、「ニセ教師」はそんなに害もあらへんし。愛嬌があるくらいや、かまへん。

せやのに、なんで免許更新講習ってなくならへんのや。文部科学省、教育委員会、学校管理職、教員のみんな、やめたいと思てんのとちゃうのん。そら、やってんねやから、調べたらなんか「よかった」って結果も出るわな。せやなかったら寂しいやん。そやけど、こんなんのうても全然困らへんこともみんな知ってる。そんなんに気い使うんやったら、もっと研修に出かけやすいような働き方の工夫かんがえ。

それにしても、教育改革なんてこんなもんや。仏作って魂いれずやな。このまま、がらんどうで置いとくつもりやろか。
[PR]
by walk41 | 2011-12-18 11:50 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)

にもかかわらず、笑いのある教職員に

「NHKようこそ先輩」に登場したのは、お笑いタレントのサンドイッチマンさん。宮城県石巻を訪れて、小学生たちと笑いの舞台を作りました。

はじめ、子どもたちにコント(いま知ったのだけれど、笑いを目的とする寸劇、conte、フランス語なのですね)を披露したあとのセリフ、「笑った人も、笑わせた人も幸せにする」、その通りだなあと思わされます。

アランの『幸福論』
http://www.nhk.or.jp/meicho/famousbook/07_bonheur/index.html 

によると、幸福であることは徳であり、義務ですらあるそうです(受け売り(^^;))。不幸と同じように、幸福も感染するでしょうから、自身が幸福であることは、自分に関わるだろう多くの人たちにとっても大切なのですね。

この点で、子どもたちや保護者、あるいは多くの人々と関わりを持つ教職員のみなさん、ぜひご自身が幸福でありますように。それは自分だけに留まるのでなく、あなたの周りの人たちにとっても幸せのきっかけを届けることになるはずだから。

そんな、関係としての幸せ、関係としての能力(教員評価もふくめて)さらには学力、と議論が進んでくれることを願っています。
[PR]
by walk41 | 2011-12-17 11:05 | 授業のこと | Comments(0)

学校での「やらされ感」の背景は?

NHKで続けられている「白熱授業」を観る。今はマイケル・サンデル教授以降の第三弾、コロンビア大学のシーナ・アイエンガー教授だ。

同教授は『選択の科学』(文藝春秋、2010)の著者だが、講義で次のような話をしていた。

仕事上、選択の多いことがより高いパフォーマンスにつながりやすいアメリカ合衆国出身の人間に対して、権力を持つ人物に評価されることが高いパフォーマンスと正に相関するアジア圏の人間…。こうした調査データから彼女は、「選択の自由」が生育歴や地域的・文化的背景の違いにより幅のあるものという結論を引き出そうとする。

このような議論に見られるように、グローバル化に伴い世界各地のデータを得られやすくなった反面、データの解釈と議論が粗雑になることは避けられない。このことは、とりあえず横に置こう。彼女の知見は、アジア圏の一つである日本で、選択幅の大きいことが人々のストレスになりかねないことを示唆するものである。

翻って、21世紀に入って以降、日本では中央政府から地方政府への「分権」が進められ、それぞれの学校にとっては、「やらされるもの」となりがちである。大阪に見られるように地域政党の教育条例案に関する府教育委員会からの照会に、法律に抵触するという回答が文部科学省から寄せられるといった、地域の「暴走」すらうかがえる。これは、各々の学校にとっては「選択の自由」が減っている状況とも見なせるが、そこで「やらされ感」が強まっているとするならば、これは何によるものだろうか。

授業や生徒指導などの公教育実践というミクロレベルの公教育経営は、個業的な業務遂行が日常的であり、否応なしにそれぞれの教員が「選択」せざるをえない。こうした背景から、教職においては「選択の自由」のあることが、より高いパフォーマンスにつながっており、昨今の「やらされ感」は「選択の自由」の減少によるものなのか。それとも、おしなべて「選択の自由」の広いことが苦痛とも解釈される地域の一つ、日本において、教員の感じる「やらされ感」は別のことに由来するのか。

「やらされ感」は、「選択の幅が減っている」ことから来るのではなく、「弱体化している権力から指示される」ことからくる不満ではないか。-こんな仮説は、はたして成り立つだろうか。
[PR]
by walk41 | 2011-12-10 22:37 | 研究のこと | Comments(0)

剽窃・盗用をどうして見抜けなかったのか

東大助教が論文を盗用したことが判明、博士号を取り消しになったと報じられた(2011.12.9各紙)。社会科学研究所の33歳、教育学の博士号を取り、学位論文をもとに今年、東洋館出版社から本も出している。

今回の事件、本人が一番問題なことは言うまでもないが、不思議なのは博士論文の審査に携わった面々についてである。彼らは同じ業界人として、提出された論文テーマの研究水準(進展状況)をわかっているはずであり、その上で博士号を与えたのであれば、学問的誠実さをまったく欠くとの烙印を免れない。

あるいは、研究水準が十分にわかっておらず博士として認めたということは、審査能力がないにも関わらず審査を行ったということになる。そうした面々が大学院スタッフとして在職し、学生を指導していること、さらに学位を与えていることについて、東京大学はどう自己評価するのか。どちらにしても格好悪いこと、この上ない。

博士号がなければ大学への就職はおぼつかないとも言われる昨今、競争的環境の渦中にいる若い研究者には気の毒にも思うが、いっそう気の毒なのは、剽窃や盗用の重大性を教えられないまま今日に至るほどに、学部と大学院での教育がいい加減だったことだ。

すでにしっかり大人なのだから自己責任なのかもしれないが、こうした「研究者」を生んでしまったことを指導教員たちはどう思っているのだろうか。「説明責任」は、こうした場面でこそ問われるのではないか。
[PR]
by walk41 | 2011-12-10 18:24 | 研究のこと | Comments(0)

ドイツ語: chi と hi の発音

確かに両者の発音を曖昧にしていました。反省!

NHKラジオの「ゴガクル」を覗くと、なんと放送済みの1週間分が再視聴できるではありませんか。そこにタイトルのような指摘がありました。

たとえば、China と Hierarchie。 教えてもらうと発音の違いがわかります。 講師は日本語の「火」を例に、関東はchi、関西はhi に近いといった説明をされていたように思いますが、確かにそうですね。

これまでちょっと気になっていたようないなかったような…。「hi は chi の弱い感じかな」と我流でやっていたものですから、ドイツの友人も苦笑していたことでしょう。

"Übung macht den Meister" (練習あるのみ)です。
[PR]
by walk41 | 2011-12-10 15:17 | ドイツのこと | Comments(0)

教室はマナーを学ぶ場でもある

なにが嫌だったのかが判明、そうだったのだ。

自分の授業に自信ありげで憚られるのだが、この数年経験しなかったことが最近あった。気になる受講者がいて、集中して講義できない。

「この授業が嫌なんかな」「それにしては、今日の発表者に質問してたしなあ」

そう学生に感じていた理由を、こちらのページを見て合点した。

曰く、

講義のルール
1. 基本は、他人への配慮、「教員や他の学生を無視しない」。テレビを見ているのではない。

…(後略)

http://melisande.cs.kyoto-wu.ac.jp/eguchi/memo/kougi.html(江口聡 氏のHPより)

なるほど、私が話しているときに、他の学生はすべてこちらを見て、ノートを取り、うなづくなどの様子を示しているのに、件の学生は発表者が配布した資料を眺めるに終始して、格好だけでも授業に参加している素振りを見せないことに、くたびれてしまったのだ。

普段から学生には「授業は出席ではなく、参加だ」と重ねて強調している。その意味を我ながら忘れていたのかもしれない。「授業に参加するとは、対人関係を学ぶことでもある」ことを。

それにしても、もういい年齢をした人間が(しかも現職教員である!)こんな基礎的なことを習得していないとは…。

一期一会にも通じるだろう。出会った相手に対して敬意を示すこと、自戒も込めてふりかえりたい。
[PR]
by walk41 | 2011-12-10 14:47 | 授業のこと | Comments(0)

ブログスタートのご挨拶

みなさま、

16年飼った犬をなくして1年半、アップロードした仔の写真を見るのを避けるうち、以前に作ったブログを放ったらかしにしています。

内々ではFacebookに立てたものの、少しおしゃべりをしたくなり、ここにお世話になることにしました。どうぞよろしくお願いします。

書き連ねてみたいのは、ブログタイトルにもあるように、学校と教職員の今とそう遠くはないこれからについて。

社会科学一般に当てはまることかもしれませんが、教育学という領域で扱うことがらは、とても曖昧でとらえどころのないものが多く、だからこそ、これについて議論するにはまず、1.どのような事実について述べているのか、と、2.どのような事実と思われていることについて述べているのか、の2種類を分けることが大切だと思います。

たとえば、いじめ問題について、私たちが議論しようとしているのは、1.いじめとはどのような出来事か、それは今どのようになっているのか、2.いじめという言葉に、私たちはどのような意味あいや価値を与えているのか、そのこと自体がいかなる意味をもっているのか、ということです。

学校教育に関わる事実とそれに関する私たちの眼差し、この2つを視野に入れて、ゆっくりと書いていきたいと思います。
[PR]
by walk41 | 2011-12-10 13:42 | Comments(0)



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
挙手の際の指
at 2017-09-25 09:35
やっぱり美味しいBretzel
at 2017-09-25 08:31
学習環境を整える
at 2017-09-24 17:13
やっぱり美味しいBretzel
at 2017-09-24 17:03
強烈な皮肉
at 2017-09-20 12:26
全体主義を支えるもの
at 2017-09-20 06:01
全校集会
at 2017-09-19 06:32
誠実さ(2)
at 2017-09-16 13:09
誠実さ
at 2017-09-15 20:05
自分の仕事を大切にする
at 2017-09-14 08:17
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧