学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

<   2012年 03月 ( 54 )   > この月の画像一覧

長期休業期間

ドイツではこの週末あたりからイースター休暇に突入、学校も2週間ほど休みになる。向こうでは、全国各地で渋滞が発生と報じ、ガソリン高騰の折りでもあるのでクルマが動かなくなったらエンジンを切るべしとアドバイスを伝えている。

学校教育が州の権限に属するドイツでは、文部大臣は16人、長期休業期間も16種類、南西ドイツに位置するBaden-Württemberg州の場合、2012/13年度は次の通り。

イースター(Ostern)が、4月2日から13日、
聖霊降誕祭(Pfingsten)が、5月29日から6月9日、
夏休み(Sommer)が、7月26日から9月8日、
秋休み(Herbst)が、10月29日から11月2日、
クリスマス(Weihnachten)が、12月24日から1月5日、

それぞれ、12、12、45、5、13、合わせて87日だ。週末を含んでいない場合もあるので、実際にはこれ以上になる。

ひるがって日本では、冬休みと春休みがそれぞれ実質2週間、夏休みが実質6週間弱だろうか。合わせて10週間弱、70日間あるかどうか。日本は意外に祝祭日が多いので、五月雨的な休みはあるものの、なかなかドイツの日数には届かないように思う。夏休みの短縮や、土曜日の授業をやるところも現れているくらいだし。何よりも、中学校・高校の部活の負担は大きいだろう。

学校種や地域によるし、もちろん一概には言えないが、ドイツではこうした長期休業期間中、教職員が学校に来ることはない。自分の休暇をしっかり消化する。もっとも、この期間に研修(Fortbildung)や授業準備などに取り組むし、夏休みの最終週あたりは会議や打ち合わせもあるので、すべてが休みという訳ではないが。

大きな特徴は、長期休業期間は、「授業がない期間」という意味で、自宅やひょっとしたら休暇先でも仕事を割り振りできることが、これまで事実上認められてきた、という点だろう。

教育行政的には、日数や授業時間数といった数値で測るしか手がないのだが、長いほど良いと言わんばかりに、教職員も児童生徒もくたびれて学校に来てもなあ。「仕事をしない」すなわち「他のことをする」と読み替えて、「教える」以外の活動を、また「教えられる」以外の活動にもっと傾注する方が、お互いに「学ぶ」ことが多いように思うのだが。
[PR]
by walk41 | 2012-03-31 11:36 | 学校教育のあれこれ | Comments(2)

反対から考えてみる

初ゼミが終わってから数日、学生がやってきたので、卒論について少し話す。

まったく誰にとってもそうなのだが、問いを立てる、問題を設定するということが、なかなか難しい様子、むべなるかな。

いろんなおもしろいことが転がっているのに、それを私たちはまま見過ごしがちなのは、「AはBだろう/ではないだろう」という「常識」がどうしても自分に縛りをかけてしまうから。

ならば、その「常識」と違うように考えてみよう。たとえば、反対に書き直してみるのだ。

「ほめると子どもは育つ」⇒「ほめると子どもは育たない」

「教員はしっかり考えて席決めをしているはず」⇒「実はいいかげん」

「授業中の私語はだめ」⇒「私語があってこそ、学習が進む」

というように、逆のことが言えるかどうか思考実験を試みて、「まんざらでもないかも」と思えるようならば、それを示すような事実(出来事や発想・思惟)が見られるかどうかを探せばいい。こうした作業が問いに繋がっていくだろう。

そういえば、『コミュニケーションは要らない』という本の広告を見た。つぶやくほどバカになるそうだが、この本そのものもつぶやきだったりして(^^;)。逆の逆を考える練習(あれっ、元通り?)も必要だ。
[PR]
by walk41 | 2012-03-31 07:56 | 研究のこと | Comments(0)

肯定か否定か

b0250023_8575317.jpg


九州のある小学校の校地を囲む壁面に、こんな数メートル大の作品が年度ごとに描かれている。

校訓とも謳われているこの言葉を見たある学生が、「否定文なんですね」とつぶやいた。

なるほど-。それがなんとなく自分にも引っかかってたんやな。
[PR]
by walk41 | 2012-03-30 09:02 | ことばのこと | Comments(0)

新しいことばはないかな

ゼミ中にふと、「教育実践って言うけれど、”践”の意味はわかる?」と学生に尋ねた。まずは自分が知らなければ。

goo国語辞書には、ふむ【踏む/履む/践む】とあり、足で体重をかけて上から押さえる、足であるものの上にのる、「麦を―・む」と用例が記されている。なるほど、踏むことなのか。まさか子どもを!?

ちなみに、「践」とは位に就くこと、「阼(祚)」は天子の位を意味する、天子の位を受け継ぐ「践祚(践阼)」という言葉もあるらしいから、あるところを踏む、踏まえるという感じなのかな。

つぎに語源辞典で、practice を引くと、early 15c., "to perform repeatedly to acquire skill;" mid-15c., "to perform, to work at, exercise," とあり、反復の練習や作業に従事するイメージが強い。これも、教育をする立場に当てはめるのはどうかなあ。

教育-学習活動を言い得ているような言葉、誰か見つけて、あるいは作ってもらえないだろうか。
[PR]
by walk41 | 2012-03-29 09:26 | ことばのこと | Comments(0)

教育実践はどこに

「開かれた学校」と声高に言われずとも、すでに学校は十分に開かれており、自己完結できない仕掛けになっている。

まず児童・生徒は、学校以外に家庭や友人との場を持つ。学校の文脈だけで、ましてや授業の中だけで、彼らがなぜそのように振る舞うかを説明しようとするのは無茶だ。授業中に子どもが微笑んだのは、昨夜、阪神が勝ったことを思い出したからかもしれない。つまり、「働きかけた結果としての子どもの状況」とは、なかなか言えない。

また、学校そのものが、毎年の人事異動をはじめ状況をしょっちゅう変えており、「高い学校力」といっても、いつの時点での話なのかがわからない。「校長が替われば学校が変わる」である。、2~3年で学校管理職が交代し、また子どもも3年から長くとも6年ですっかり入れ替わるところで、「数年後の完成を展望した学校改革の戦略を」と煽るのは罪だろう。

このように学校は、常にメンバーを替え、そのメンバーのありようも様々と捉えられるならば、ある目標の実現を目指す組織体として学校を理解すること自体に、けっこうな無理があるのではないか。…①

いやいや、とはいっても、学校には「磁場」があって、大なり小なり、教職員や子どもはある方向に振る舞うものなのだよという説明もあるだろう。学校によって全然違う、という見方と同時に、どこも似たりよったりという見方も一理あるかもしれない。…②

ただし、このいずれであっても、すなわち、実存的に捉えようとする前者①であれ、本質的に捉えようとする後者②であれ、教育実践という言葉の居場所がなかなか見つからないという点は重要だろう。なぜなら、②は客観的立場をとるから、各学校の次元をはるかに超えているし、①は学校に関わる人間がそれぞれに自分たちを作っていくのだから、教職員とくに教員の「専売特許」ではない。各々が実践しているというのなら、話はわかるが。

かくして、議論はまた元に戻る。学校っていったいどんなとこ、教育実践ってどんなことやろ、って。ううん。
[PR]
by walk41 | 2012-03-28 23:04 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)

寛容ではあかんの?

もし透明人間なら?と題した、岐阜県の小学校卒業文集に収められたアンケートに、「人を殺す」「強盗する」などの不適切な回答が記されていたと、学校は文集を回収、該当部分を差し替えたという。(読売新聞、2012.3.28)

なんかなあ。正論なんかもしれんけど、子どもがそう答えたんやったら、あとで恥ずかしい思いをするかもと想像しながら配ってもええんちゃうのん、って思うんやけどなあ。

6年生の「不適切な回答」、本人は意味わかってる「確信犯」なんやから、「そうかあ」って受け止めたらあかんのかな。学校は、問題の箇所に「有名人に会う」などのシールを貼って再び配ったとあるが、殺人で有名人やったらどうなんやろか。

あるいは「天皇に会いに行く」「原発を止めに行く」やったら、マルそれともバツ? 切りがないやん。

学校は「チェック体制を見直したい」って語るけれど、「チェックすること」そのものまで踏み込んで考えんと。こういうことにケチつけるなんて、「教える」と「学ぶ」が違うってことを、どうも大人は認めたくないんやね。

それとも、「とはいうても、さすがに"人殺し"はあかんやろ」って感じなんかな。ご意見をきかせてほしいな。
[PR]
by walk41 | 2012-03-28 16:50 | 学校教育のあれこれ | Comments(4)

氏名で呼ぶということ

「名前で呼ばれたい」(毎日新聞、2012.3.27)を読んで、前から感じていたことを思い出した。

職名で呼ばれるか、氏(名)で呼ばれるか。

学校教育の世界では、教諭が多いこともあって「○○先生」と言い合うのが一般的だろう。このほかに、「教頭先生」「校長先生」と職名で呼ばれる人がいる。ここで疑問、教頭、校長を、まず姓では呼ばない、つまり校長を「山田先生」とは呼ばないように見えるのは、なぜだろうか。「山田校長」と「先生」を外すならば遣えるだろうが、この場合は友好的な感じがせず、むしろ敵対的ですらある。教頭についても同じ感じかな。「校長せんせ」と聞こえる方が、良好な関係のように思えるから不思議だ。

これに対して、教員が教育委員会や教育センターなど、いわゆる行政に出ると、違う世界が待っている。「所長」「部長」と職名だけで呼ぶことが多いようだし、「○○部長」と苗字を入れた呼び方の場合でも、きわめて中立的に聞こえる。けんか腰な感じはまったくしない。とはいえ、指導主事の間だと「○○先生」、仲が良ければ「○○さん」という呼び方になるようにも思う。複雑やな。

このように、学校と学校外では呼ばれ方とその意味あいが異なっているように感じるが、この感覚は妥当だろうか。さらには、学校種によってもこのニュアンス(調子)は違っているのだろうか。

ちなみに、自分としては「○○先生」ですらなるべく呼びたくない、呼ばれたくないのだけれど、ううん、難しい。これも教職の職業病の一つかしらん。
[PR]
by walk41 | 2012-03-28 08:53 | ことばのこと | Comments(0)

「開かれた学校」と授業研究

もう1年以上前になるが、宅配「おせち料理」の事件があった。宣伝と実際の中身があまりにも違う、飾られておらす残飯同様と、とんでもない商売をした店だったが、合わせて問題になったのは、店の一角で普段着のまま食材を盛りつけていた様子が、インターネットで公開されたことだろう。そう、ちゃんとしたおせち(に限らないが)を作るには、温度、湿度、衛生状態など、厳密に管理されなければならないのに、その真反対のことをしていたのだから。

ところ替わって学校、家庭との連携はともかくも、なぜか地域との連携が声高に叫ばれる日本では、とにもかくにも「開かれている」ことが大切なようだ。地域に開かれた学校として、学校公開をする、地域資源を活かした「総合的学習の時間」、地元の人も「先生」に、おまけに地域行事への教職員の参加(これは勤務か?)など、目白押しである。

だったら、「~すれば、~になる」といった授業研究ができないことは明らかだ。授業内外の環境が閉じられておらず「開かれている」、つまり、管理するのが難しい状況を自ら導いており、ある出来事がどうしてそうなったのかについて説明できない、因果関係はおろか、相関関係すらわからない状態ですよ、と宣言するに等しいからだ。

仕出し屋さん、なかでもおせち料理を作るような店に、「開かれた」はありえない。商品を管理できないからだ(危なっかしくて、とても食べる気にならんぞ)。なのに、学校は管理できない条件をかたや設定しながら、もう一方で、管理できてこそ可能な、一元的に説明可能な研究をやろうとする。授業研究は、「~すれば上手に授業ができる」ことを追求するものではない、それは、「いろいろなやり方があるんだなあ」と自らの視野を広げ、相対化することにこそ意義があるのだ。

なのに、この基本的なムリさについて、どうして気づいてもらえないのだろうか。
[PR]
by walk41 | 2012-03-27 23:07 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)

仕事と「遊び」

新聞に載っていた、あるシンポジウムでの発言が興味深かった(日経、2012.3.27)

曰く、「仕事」の対局は何かという問いに、日本の人は「休み」と答えるのに対して、欧米の人は「遊び」と返すのだそう。日本対欧米という粗雑な括りは脇に置くとして、「遊び」を広く仕事以外の活動と捉えれば、なるほどな見方と思わされた。

1日24時間は、誰にも平等に与えられるが、その中身や感じ方は様々だ。そこで、自分なりの納得や得心がやはり第一義だとすれば、どのように自己実現できているかが問題になる。

仕事が本懐ならば、それに専心、没頭する時期もあるが、同時に、仕事の内容、人間関係は少しずつ変わっていくから、ときどきは、仕事以外のことも含め、「自分にとって何なのか」を再定義しなければならない。そうしないと、まわりの環境と不具合を生じてしまい、自分が落ち着かなくなるからだ。

この点で、「見えにくい」業務についている教職は要注意だろう。職位もキャリアのほとんどを教諭として過ごし、出会う児童・生徒の年齢も同じ幅にある。また、担当する教科や領域も、学習指導要領改訂はあるものの、授業スタイルを変えないまましのぐこともできる。

つまり、改めて教職という仕事が自分にとって何なのかを問い直さないまま時間を過ごすことも可能である。もちろん、変わらないままでやっていければそれも一つの生き方だ。だが、学校へのまなざしや子どもたちの様子は無常で留まることがない。この点で、「子どもが変わった」論は、自分たちが「変わっていない」ことを示すものでもある。指導力不足教員」の圧倒的多数を占めるベテラン教員の存在は、ギアチェンジをしないままに教職を過ごしてきたゆえかもしれない。
[PR]
by walk41 | 2012-03-27 11:37 | ことばのこと | Comments(0)

新ゼミはじまる

卒業生を送り出して数日、4月まであと少しという昨日、新年度のゼミをスタートさせた。今年のメンバーは、大学院生、学部生、研究生の6人だ。最初のお題は、「卒論(修論)の書き方講座 2012年度版」。

論文とは何か、どんな命題により値打ちがあるのか、から、教育学分野における文献の引用・注釈のつけ方まで、休憩を挟みながらおよそ3時間半、学生たちに話す。どれくらい伝わったかなあ。

同業の方は肯かれることだろうが、論文の一番やっかいな、だからこそおもしろいのは、命題を立てるまでである。どんな領域でいかなる問いが作れるのか、何がどんな問題として仮説できるのか、ここが初めて論文を書く学生にとっては、特に難儀するところ(自分が学部生のときもそうだった。さっぱりわからず(^^;))。

何が問題になりうるのか、これまで当たり前に見えがちだったことを捉え直し、関係を再構成する過程こそ、研究の醍醐味でもある。学生たちは春からしばらく呻吟するだろうが、大いに悩んでほしい。もちろん、一人で考えられることのたかはしれているので、先行研究を集めて学び、刺激を受けてほしい。

夜は、本年度と過年度の卒業生も来てくれた懇親会。教職生活1年目が終わり、たくましさが感じられる卒業生、元気そうで何より。外国で学ぶべく、準備を進める君もいる。大いに飛翔することだろう。また、こうして学生間のつながりを感じられることは、とても嬉しい。
[PR]
by walk41 | 2012-03-27 07:29 | 研究のこと | Comments(0)



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
紅葉に心洗われます
at 2017-11-20 13:03
「~以外は不可」
at 2017-11-16 22:43
そんな構図ではない
at 2017-11-14 09:52
求めている次元が違う
at 2017-11-12 18:36
ゴアー
at 2017-11-11 19:45
パラ・シアター
at 2017-11-10 19:10
宣伝です
at 2017-11-09 20:30
卒業論文中間発表会
at 2017-11-08 07:57
エチケットつづき
at 2017-11-07 18:41
クリスマスイブの開店をめぐっ..
at 2017-11-06 11:47
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧