学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

<   2013年 01月 ( 43 )   > この月の画像一覧

やはり、そうなのかも

雨後の竹の子のように出てくる、部活動における「体罰」問題。

 レスリング五輪メダリストの伊調千春選手らが育った京都府立網野高のレスリング部で、男性顧問(41)が指導中に部員に体罰を加えた疑いがあるとして、学校側が顧問に指導を自粛するよう命じていたことがわかった。(中略)
 昨年11月中旬に学校側が「顧問が部員に体罰を加えている」との情報を得て調査を開始。今年1月に入って複数のレスリング部員や同部と同じ体育館で練習している体操部員らから「平手打ちをしたのを見た」などの目撃証言を得たことから、今月25日に指導自粛を命じた。(中略)レスリング部には監督と男女の顧問がおり、現在は残る2人で指導中。男性顧問は保健体育の授業は続けているという。(2013年1月31日 読売新聞)
--------

先日の拙ブログで「4点セット」と言ったことが、当たっているかもしれない。鬼の首を取ったように言うけれど、今回も、①男性、②40代のベテラン、③保健体育科教諭、までは該当する、あとは、④生徒指導部長かどうかだ。

自分が「体罰」を受けてきた経験を正当化(「だって教育愛があるから」)するために手が出る、という解釈をするならば、この問題は、前の世代、さらにその前の世代に遡ることになる。わかったような言い方をすれば、これは人間に対する操作主義、人を変えることが出来るという近代的発想に属するものである。

明治以降、自然(しぜん)と呼ばれることになったけれど、それまでの自然(じねん)という言葉を手がかりにすれば、おのずから、あるがままにという意味合いが強く、他からあれこれ働きかけてという発想は乏しかったように思われる。人間を変えることに対する樂天主義、だからこそ、変えられない時には暴力的にもなっても構わないという考え方は、この100年少しのことではないだろうか。

「言うことを聞かせるためには、手を挙げてよい」って言い始めた人たちは、もう鬼籍に入っているから、たずねる訳にはいかないけれど。どうだったのかな、その始まりは。
[PR]
by walk41 | 2013-01-31 13:10 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)

「教育上の自由」

1965年に始まった家永教科書訴訟をはじめとする「教科書裁判」さらには「教育裁判」とも言われるほどに、学校教育に関わる訴訟が相次いだ時期があった。その多くは、誰が教育をする権利を持つのか、をめぐる争いである。

その中に「教師の教育権」という表現があった。学校教育法の現在は第37条になる「教諭は児童の教育をつかさどる」を引き、教員に独自の権利があることを主張するものであった。ただし、この「権利」が「学校の自治」やさらには「国民の教育権」にどう繋がるかは不明確なままで、にもかかわらず時の勢いで「そうなんだ!」とおよそ1960年代から20年以上は少なくない人々に思われ、価値判断だけでなく行動の基準にもなっていた。戦後を代表する言説の一つである。

さて、21世紀も10年を過ぎた今年、教員の教育上の権限は責任とセットで語られるようになり(つくづく後知恵ながら、権利という言葉が遣われたためだろうか、どうして権限を行使することと責任を求められることが、その昔は同時に認識されなかったのか、不思議である)、体罰という名前の暴行の問題と関わって問われている。

「学校と体罰」と題した記事(毎日新聞、2013.1.30)では、教育法で知られる結城忠が登壇、興味深い話が載せられている。「体罰を容認していた当時の英国では一定のルールがあった。むちや板、素手でなされたが、対象部位は尻や手の甲に限られ、児童生徒の名誉心を損なう体罰も禁じられ、第三者の立ち会いを求める地域もあった。教師個人ではなく学校の権限にしていたため、大阪市のような体罰は起こりようがなかった。日本は教員個人の考えで体罰を加える点で大きく異なる。」

英国での懲戒の歴史や現状はさっぱり知らないので、機会を改めるが、ドイツで法律ともなっている「教員の教育上の自由」(paedagogische Freiheit des Lehrers)は、教育上の権限と責任を考える上で一つのケースを示していると思われるので、以下、ドイツ語版wikipediaを借りて、今後の材料にしたい。

「教育上の自由は、正式に養成された教員の、授業や教育上に必要とされる考慮や判断上の裁量を示している。それは、部分的に学校法に見られ、たとえばヘッセン州では法律や行政上の規定や会議の決定を通じて不必要にまた手続きなく、制限されてはならない(ヘッセン州学校法 第86条)。その他の州では、教員の権利はより狭く捉えられている。その場合、該当する学校法において教育上の責任について述べられている。」

Pädagogische Freiheit bezeichnet den für die Unterrichts- und Erziehungsarbeit erforderlichen Ermessens- und Entscheidungsspielraum eines voll ausgebildeten Lehrers. Sie ist teilweise schulrechtlich verankert und darf beispielsweise in Hessen weder durch Rechts- und Verwaltungsvorschriften noch Konferenzbeschlüsse unnötig oder unzumutbar eingeengt werden (vgl. z. B. § 86 Hessisches Schulgesetz). In anderen Bundesländern ist das Lehrerrecht viel enger gefasst. Dort wird in den entsprechenden Schulgesetzen entsprechend von der pädagogischen Verantwortung gesprochen.[

後半の評価についてはこれまた別に扱うとして、ドイツで教員独自の裁量領域が認められることは言える。ここから、①教員個人の権限と責任、②学校、③学校監督を担う教育管理庁、④そして保護者、⑤有権者、これらの関係が問われるべき問題としてあることが認識されていると捉えられるだろう。

私見ながら日本の場合、これらが混乱しているだけでなく(大阪市長が高校入試の中止を決めるとか、「モンスター」が学校に押しかけるとか、職員会議が校長の諮問機関とされながら3年もすれば校長が替わるとか)、混乱している状態だという認識すら十分ではないように思う。どう行動するかは、どう捉えているかに左右されるから、動くより先にどう見ているかについて確かめることが大切なのだ。

こんな点からも「どうしたらいいのか」に踏み出す前に、「どう捉えたらいいのか」に時間とエネルギーを割くべきことがわかるだろう。だから、「そんなのは机上の空論だ。やってみなければ仕方がない」と言う人には、「やらなくてもわかることが沢山あるよ」と私は返したいのだ。
[PR]
by walk41 | 2013-01-31 11:47 | ことばのこと | Comments(0)

当たり前のように動く

朝起きて、テレビのスイッチを入れる。ニュースが流れる。当たり前に見えるけれど、この報道のために徹夜をする人がいる。ニュースキャスターも始発電車が動く前にスタジオに入る。読み合わせをして、確認をくり返して、ようやく我々が見るニュースになる。

新聞が届く、電車に乗る、バスに乗る、当たり前のように時間通りに来てくれる(バスはちょっと幅があるけれど(^^;))。これも、そのために早起きをして、あるいはアルコールを控えて、ちゃんと働いてくれる人がいるからの賜物だ。

この他、当たり前に水道の水が出る、電気がつく、ゴミが回収される、お店が開いている、宅配便が届く、インターネットが接続できる、すべてそれらを陽に陰に支えてくれる人がいてこそのことである。特段、変わったことをする訳でなく、毎日の仕事を当たり前のようにしてくれている、だかこそ、成り立っている事実の連続である。決して大げさでなく、奇跡といってもよいかもしれない。

学校管理職向けの講演や研修会などでは、「組織を動かす」という表題がしばしば掲げられ、ともすれば、大胆な改革案や驚くようなアイディアを掲げなければいけないというイメージを持つかもしれないけれど、ほとんどのことは、「当たり前のように動く」ということである。当たり前のようにできること、それ自体が素晴らしいことなのだ。

いつぞやのテレビで知った。あれだけハイテクと思われる新幹線の発車や停車は、運転士の技量に懸かっているということを。15秒を単位に計算、随時、走行状況を確かめ、数秒以内の誤差で、駅に停車しているのだという。そんなことに思いもはせず、当たり前のように定時到着と思うのが乗客の贅沢でもあるけれど、黙々と働く人たちに支えられてこその、旅行や出張だなと感じることを大切にしたい。

繰り返し。「組織を動かす」には、ある意味で当たり前に見えることを自然に動かすことができる能力が必要である。そのように多くの人々が働けるように条件を整えること、これもまた大きなリーダーシップだろう。
[PR]
by walk41 | 2013-01-30 21:21 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)

鶏と卵

非常勤先での授業が終わった。学生から提出され、クラスメイトの間で「赤ペン先生」と命名するコメント交換を経たのちに、私が読んだものを、最終回に講評と合わせて本人に返す。

その際、ちょっとだけ実験をしてみた。大部分のレポートは、学生達に手分けしてもらって先に返し、その後、全体の6分の1ほどになった、優れたレポートを私が名前を呼んで直接に返したのだ。

その日の出席率は、レポート提出者の85%ほど、先に返したレポートの山には欠席者の分が残った。これに対して、優れたレポートは一部も手元に残らなかった。つまり、私が高く評価した学生は、最後まで授業に参加しており、必ずしもそう評価しなかった学生の中に欠席者が散見されたということになる。

大昔、研究室の冊子の形でまとめたが、自分の授業と学生による授業評価との関係を数年間追いかけたことがある。榊原禎宏『大学教育と「大学における教員養成」-授業者のふりかえりと学生による授業評価-』(1998.3)、千数百の授業評価表の分析を通して得られた結論の一つは、「授業者が高く評価する学生は、学生も授業と授業者への評価が高く、また反対も同様」ということだった。すなわち、授業者が「よく頑張った学生やったなあ」と見なす学生は「面白い授業やったなあ」と考えやすく、「この学生は不合格や」と思う場合は、学生も「つまらん授業やった」と回答する、と単純化すれば、言えることがわかったのだ。

今回の授業でも、同じことが確かめられると思う。授業に熱心に取り組まずに私が高い評価をした学生はまずなく、とりわけ熱心だった学生で低く評価したケースもまずない。これを「鶏と卵」というならば、どちらが先に生まれるかはわからないけれど、つまり、因果関係は不明だが、相関関係は明確に認められるということである。

授業中に交わす視線、感想文に書かれる文章の丁寧さや着眼、ちょっとしたやりとりなどを通じて、教員は学生の評価をおおよそ定めていき、学生も同様に教員や授業の印象を持って行くのだろう。最終レポートはその一部に過ぎず、おおよその評価をほぼ再確認することに留まるのかもしれない(それほどに、授業への取り組みに対応するレポートになるのだ)。

ここで問題、「より良い授業をしたら、より良く学ぶのか」。これは事実の半分を説明しているけれど、半分は正しくない。それはこう付け足しされるべきだ。「良く学ぶ姿勢や格好がより感じられたならば、より良い授業をしたくなる」と。この点で教員は、学生や生徒をより肯定的に捉えることのできる「偏り」を癖として身につけていること、そして肯定的に彼らを受け止めていると伝える能力にも秀でていなければならないと、導けるだろう。
[PR]
by walk41 | 2013-01-29 18:56 | 授業のこと | Comments(0)

学校でのリーダーシップって

各地の学校で、体罰という名前の暴行が明らかになる中、京都市内の中学校でも、バスケットボール部の顧問による行為が判明した。

20代の男性教諭が、昨年夏に指導通りのプレーをしなかったとして太ももを蹴り上げ、生徒は松葉杖を数日要したという。その後、校長と当該教諭が部員の保護者を集めて説明、教諭は「今後は体罰をしない」と約束したが、その後も平手打ちなどが続いていた(2013.1.28 毎日新聞)。

「体罰はあってはならないことだ。教員全員にも指導を徹底する」と同校長は話しているが、講演や研修で「校長としてのリーダーシップ」と説教をされている割には、ひどく空しいものだなあと思わされる。

この校長を少しだけ知っており、「校長として学校を動かしていくロマン」のようなことを口になさっていたように記憶しているだけに、一人の教員の、学校教育法に抵触する可能性の高い行為を制御するほどの力も、校長は持ち得ないのだなあと感じるのだ。

また、教頭あるいは他の同僚が、これを止めさせることができなかった点では、学校の雰囲気を作っていくリーダーシップがそもそもどこにあるのか、とすら思わされる。みんなマイペースで、「見て見ぬふり」して、自分の持ち分を「専制的」にやっているだけではないの、とすら勘ぐってしまうほど。

さて、学校におけるリーダーシップをどう考えればよいのだろうか。「専門職」として唯我独尊になりやすい教員、学歴や処遇の違いから必ずしも同じ高さに立てない他の職員、当事者でなければ事実をつかまえにくいという教育-学習活動の特性、という中にあって、「こうした方がいい」「それは止めるべき」と意見するのは、かなり難しい。

その上でなお、リーダーシップというものを求めるのであれば、「児童生徒のためなら、誰が何を誰に言ってもかまわない」という掟を年度初めに確認すること、「風通しの良い」学校の風土を作り出すこと、「忙しい」と言って周りを見ないのではなく、互いの様子を頻繁に話し、わかっておくこと、こうした方向に向かうように、音頭をとりやすい人から動き始めること、こんな辺りのアイディアだろうか。とはいえ、学校は「子どものため」だけにあるのか、そもそも「子どものため」とはどういうことか、と最初からつまずくのだけれど。

だから、できそうなことはまず、「真摯に言われたら、嫌なことでも受け止めること」「これはまずいなと思ったら、黙らず口にすること」というルールが大手を振れるように、教職員の「校則」を定めることだ。子どもたちには「自主的であれ」「思ったことはちゃんと伝えろ」といつも説教をしているのだから。かくも、教育者は「天に唾する」職業と知らなければならない。
[PR]
by walk41 | 2013-01-29 10:47 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)

「4点セット」とは言い過ぎか

生徒が自殺したきっかけとされる部活での暴行は、大阪市立桜宮高校の40代男性、保健体育科教諭、生徒指導部長が加害者である。

また、昨年報じられた、神戸市立六甲アイランド高校における野球部での体罰事件は、同部顧問の40代男性、保健体育科教諭、生徒指導部長によるものであった(毎日新聞 2012年12月14日大阪朝刊)。

そして、この度明らかになった、愛知県立豊川工業高校における陸上部での暴行事件は、50歳の男性教諭、保健体育科を担当し、現在も同校の生徒指導部長である(朝日新聞、2013.1.28)。

これらの事例で言えば、①男性、②40~50歳といういわゆるベテラン教諭、③保健体育科教諭、④生徒指導部長、がいずれも当てはまることになる。これらの条件による説明力は高くないだろうか。

体罰、暴行との関係をうかがえば、たとえば、①男性か女性かというセクシャリティあるいはジェンダーの問題、②ベテランゆえに、回りからは指摘しにくいという年齢を軸にした人間関係、③保健体育科教員に特有の「文化」が存在する可能性、④生徒指導部長の学校での位置づけ、などが考えられる。

対象は中学校であったが、すでに、榊原禎宏・浅田昇平・松村千鶴「教科から見た校長職の登用・配置に関する実証的研究-京都府下の公立中学校を事例にして」『京都教育大学紀要』114号, 2009年、において、保健体育科教諭が教員全体に占める比率は12%程度に対して、校長となっている者は実に25%、つまり期待値のおよそ2倍の出現率であることを明らかにしている。校長昇任に至る一つの背景として、生徒指導で評価されたことがあり得ると当時述べたが、今回の一連の事件はこの結果と符号するのではないだろうか。

部活動をより多面的に捉えるには、当該学校における生徒指導の位置づけ、校務分掌として担当する教員に求められる属性などと関わらせた、学校経営研究が必要になる。

ちなみに、教員養成論という立場からは、保健体育科の教員が「大学において」どのように教育されたかを追うことで分かることがあると考えるのだろうか。私見では、それは大学の風土、授業担当者の思惟、大学での部活動経験、大会記録等を考慮した教員採用人事(京都府でも「スペシャリスト特別選考」という教員免許状を持たない人を対象にした採用枠がある)などと関わっており、大学のカリキュラムにおいて操作できる余地はほとんど見出せない。変えることが難しいことを取り上げて「~すべきだ」といっても(「そこを何とかするのがプロというものでしょう」だろうか)、「蛙の面に水」や自己満足に過ぎないだろう。これは、学校評価論に当てはまることでもあるけれど。
[PR]
by walk41 | 2013-01-28 10:29 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)

就学援助

1月26日のNHK「ニュース深読み」は生活保護がテーマ。生活保護基準の切り下げと報じられる中、学校教育に関わっては、就学援助の対象となる子どもが約157万人(2011年度、156万8千人)に達していることに驚かされた。何となくは聞いていたものの、かまけており、ちゃんとわかっていなかったのだ。

その後、インターネットで検索すると、この数値は同調査開始時1995年のおよそ2倍にあたり、今や小中学生の16%に上ると、昨年の秋に既に報じられていたことを知った。

高いところでは在校生の半分が対象になっているところもある、と番組登壇者が語っており、地域差が大きいことも想定できる。国から補助金が出る生活保護世帯が対象の「要保護」世帯と異なって、それに近い状態という「準要保護」世帯は、税源移譲によって自治体が認定するため認定基準が一律ではないが、京都府は20%、実に子ども5人に1人が就学援助の対象という。

貧困から、いじめや不登校に繋がる可能性もあるだろう。あるいは、就学援助を受けているという烙印(stigma)を押されれたと捉えた故の「問題行動」の可能性はないだろうか。

近代社会における能力主義とは、それまでの血統や相続された財産の多寡ではなく、個人として評価されることを意味してもいる。「お祖父さんが立派だったから」とか「お金持ちの家だから」ではなく、その子の才能と努力で評価するという理念のはずだが、現実は少なからず違っている。

どの保護者のもとに生まれ落ちるかを子どもが選ぶことはできない。就学援助を受けずとも学校に通えるような環境が生まれることを望む。この問いを解く、つまり「こうすればいい」とアイディアを出すのは、まったく容易でないことを知りつつも。
[PR]
by walk41 | 2013-01-27 19:29 | 学校教育のあれこれ | Comments(4)

教員養成という議論

大阪市立高校での体罰、暴行、自殺事件が、全国に波及している。愛知県立豊川工業高校の陸上部監督の教諭が、部員に繰り返し体罰を加えていたことが分かったのも、その一つだ。

こうした教員の養成を担っていた大学、すなわち、教職課程認定を受け、「大学における教員養成」の一翼を担っていた大学は、今回の責任をどのように考えるのだろうか。

「いや、大学時代はそんなことに気づきませんでした」あるいは「大学時代は教員にふさわしいと思っていたのですが、教職に就いてから変わってしまったのです」という声が返ってくるのであれば、いったい、教員養成ってどんな責任を負っているか、と問われなければならなくなる。

大学に勤めて四半世紀近くになるが、学生時代にどうであったかが、その後の長い教職人生にどれほどの影響を及ぼすかについて、実証データが見当たらないことは十分に承知しているつもりだ。その上でなお、彼らの思考体力あるいはメタ認知-これらはいずれも即、測ることが難しい領域だけれど-を訓練することが大切だろうと思わされる。

教職資格を得てからの変化が著しいと考えられるのならば、教職につくまでの間、つまり教員養成期間をどう設計するかが、あまり意味を持たないことは明らかだろう。ならば、職についてからの彼らのあり方を、自分でどのように見つめられる仕掛をセットするかが問われるべきだ。初任者研修や○年経験者研修は、教員の行動にさして影響を及ぼさないと考えられそうだから。

だから、繰り返し書いているけれど、「教員養成の高度化」など、暇人の言葉遊びに過ぎないと。是非、これに批判をいただきたい。教員としての資格は、大学卒業で十分、それ以上、足したからといってどれほどの意義を見出しうるのだろうか、皆目わからないのだ。重ねて批判を頂戴したい。教員養成や教師教育という言葉を止めませんか、これから問われるのは、教職学習(Learning as Teaching Profession)のあり方だと。
[PR]
by walk41 | 2013-01-26 22:23 | 学校教育のあれこれ | Comments(3)

不機嫌な人

研究関係でたまに会う人がいる。いつもすこぶる機嫌が悪い(私を好いていないだけ?)。

私の知る限り、その人の不機嫌さは有名で、「地雷を踏まないように」神経を尖らせている人も少なくないように思う。

どうしてかなと思う。出会った人ににこりとするだけで、その場が和むし、何よりも自分はあなたと敵対していませんよ、むしろ友好的ですよとメッセージを送ることになるから、回り回って自分の得にもなるというのに。どうして正反対のことをするのだろう。けっこう長く人生を生きている人なのだけれど、なんでかなと謎は尽きない。

他者にわざわざ気を遣わせて、自分を苦手にさせて、さらには嫌いにすらしかねないような振る舞いをする、その人がわからない。不機嫌な様子で、ツッパリを演じているつもりなのだろうか、本当に不思議だ。

こんな時こそ、私の愛読書と言ってもよい、アラン『幸福論』から一節を引こう。

「お年玉の季節になって、たくさんの贈り物のことを考えると、うれしいよりも悲しくなる。(中略)私は上機嫌をおすすめしたい。これこそ、贈ったりもらったりすべきものだろう。これこそ、他の人すべてを、そしてまず送り主を豊かにする真の儀式である。これこそ、交換することによって増大する宝物である。これは街頭でも、電車のなかでも、新聞売場にでもまき散らすことができる。しかも、それによって微塵も失われない。(中略)レストランに入る。隣の客だの、メニューだの、ボーイだのに敵意ある視線を投げつける。万事休す。不機嫌がひとりの顔から他の者の顔へと走る。すべてがあなたの周囲で衝突する。たぶんガラスでも割れたのだろう。そして、その晩ボーイが自分の細君をなぐるだろう。こういう不機嫌のメカニズムと感染とを、よく把握しておくことだ。そうすれば、あなたはたちまち魔法使になる。よろこびの授与者になる。至るところに恵を垂れる神になる。親切な言葉、感謝の言葉を言うことだ。冷淡な馬鹿者に対しても親切にすることだ。あなたは、どんな小さな浜辺までも、この上機嫌の波のあとについて行けるだろう。(後略)」」(「新年」1910年)

教育学は、教育-学習に関わる人間と彼らが作り出す仕掛けを観察し、その愚かさと素晴らしさを描き出すことを課題にしている。その分野の人間の一番弱いところが、自分という人間を観察することだ。上機嫌に、出会う人と良い時間を過ごすこと、その効用は明らかで、法則的なのに、なかなか出来ないという現実。それは100年前の筆者に今もなお言われ続けるほどに難しいことなのだろう。
[PR]
by walk41 | 2013-01-26 17:27 | 笑いのこと | Comments(0)

名刺

社会人の自覚を…教職員全員に名刺持たせる教委
 教職員としての自覚を高めて不祥事を無くそうと、浜松市教委は教職員個人に名刺を持たせる試みを2013年度から行う。(中略)
  同市教委では不祥事の多発を受け、若手教員らで作る「教職員自覚アップ作戦委員会」を設置して対策を協議。「来校者などと交換する名刺がなく気まずい思いをしたことがある」との声が上がり、市教委に名刺作成を提案した。市教委でも「一般企業では当たり前となっている名刺の作成は、社会人としての自覚を持つ第一歩になる」と判断し、台紙の配布を決めた。
 1人あたり10枚を目安として、名刺作成用の台紙を各学校に配布し、各自が学校のプリンターで印刷する。台紙は配布するが名刺作成は「あくまで提案で強制ではない」(教職員課)といい、誰の名刺を何枚作るかなどは各学校の判断に任せる。台紙の費用約50万円は、12年度予算の枠内で充てるという。(2013年1月25日 読売新聞)
---------

学校にうかがう。校長と名刺を交わす。私は両手で受け取るのが「普通」と思っているのだけれど、タイミングの問題かな、そうならないことが多い。「何が正しいとは言えないでしょう」といつも口にしている割には、形式主義者やなあ。少しユニークな校長だったけれど、受け取った私の名刺をぶらぶらさせて、心中穏やかならずだったこともある。教頭になったくらいに初めて名刺を作る人が多いだろうから、接遇を学んでいなくても仕方ないとも思う。形式主義に傾けば、この点、指導主事などで学校の外に出た人は一つの型を身につけるので、ずっと学校にいた人かそうでないかを見分けられるかもしれない。

大学でも数年前から、希望すれば名刺が配られることになった。それまでは下手なものを作っていたので有り難い。裏には大学のマスコットキャラクターが描かれている。大いに大学の宣伝をして下さい、ということだ。

なくてもよいと思う反面、あった方がいいかなとも思う名刺、みなさんは名刺を持っていますか。
[PR]
by walk41 | 2013-01-26 10:16 | 学校教育のあれこれ | Comments(4)



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
気づかなかった
at 2017-10-19 21:56
人文・社会系学問のミッション
at 2017-10-18 23:02
nation
at 2017-10-17 12:45
好みの幅広さ
at 2017-10-15 12:43
スクールソーシャルワーカー
at 2017-10-14 10:59
「奏を功する」
at 2017-10-12 20:20
付いた力は自分ではわからない
at 2017-10-11 23:31
まずは良かった
at 2017-10-09 19:14
Fiasko/fiasco
at 2017-10-08 10:40
青か緑か
at 2017-10-06 09:39
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧