学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

<   2017年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧

「赤福を取り出してもらってもいいですか。これは斜めにしない方がいいですから」

国内線のセキュリティチェックにて、「荷物を横に倒してもいいですか」「どうぞ」の次、カバンに赤福が入っているのを見た検査官が、こう言ったのだ。

数多の乗客のものを扱うだろうに、こんなセリフがさっと出てくるあたり、観察力とその結果を表現するコミュニケーション力に秀でているなあと感心する。気遣い、丁寧さといった身体表現がいかに発現したりしなかったりするのか、とても興味深く思う。

[PR]
by walk41 | 2017-02-28 12:48 | 身体 | Comments(0)

echt schlechte DB!

ドイツの友人や知り合いと、ドイツ鉄道(Deutsche Bahn)のありさまを批判、愚痴って、反論されることはありません。異口同音に「ドイツ鉄道はアテにならない」「それは酷い」と返ってきます。「ドイツ鉄道とドイツの自動車協会は密約を結んでいて、酷い鉄道を維持することと自動車業界を興隆させることが合意されているのではないか」と、冗談とも本気ともわからないお喋りも聞こえます。とにかく、鉄道サービスの体を為していません。

今回の滞在でも、こんなことがありました。
○電車が遅れることが日常茶飯事な中、珍しく時刻表より5分ほど早く駅に到着した。当然、駅で予定時間まで待っていると思いきや、4分ほど早く発車したのだ。発車を知らせるアナウンスもなされず、突然扉が閉まるから、危ないこともこの上ない。そもそも、乗るつもりの客を無視している。電車は趣味で走らせているのではないぞ。

○電車内で忘れ物をしたのでサービスコーナーに伝えに行ったら、17時までの営業時間を5分ほど残しているのに、女性職員は帰り支度を始めており、「今日はもう終わりだから、明日に電話をしてくれ」と言い出す。それは困ると粘ったら、「今から自分は寛ぐ時間なのに("Jetzt ist Feierabend")」と文句を言いつつ、しぶしぶ電車の行き先の駅に電話をしてくれた。

○切符の販売機は、クレジットカードを受付けるが、そのカードを読み取るときとそうでない時があり、複数のクレジットカードを試しても購入できないことがある。発車時間が迫っていると焦ることこの上ない。

これらの背景や理由と思われるのは、乗客に対するミッションのいかんのように思います。乗客を安全、快適、予定通りに目的地に届けるという使命感がまず伺われず、「こんなんでよかったら、乗ってもらったら」の水準を超えないのです。切符の検札の人の中には愛想のいい人もいますが、乗客に対する丁寧さ、物腰の低さはまあ感じられません。以前の経験では、「みどりの窓口」にあたるところでクレジットカードで切符を求めたら、カードを投げて返されたことがありました。切符もそうされることが珍しくありませんが、カードや切符をお客の方に向けて、両手で返すというどこかの世界とは文字通り雲泥の違いです。

こんな愚痴を、DBの広報に送ろうとも思いつつ、そんなことをしても仕方ないかなとも感じてしまう、まあやっかいなことです。Warum ist die Deutsche Bahn so schlecht, wie nie vergleichbar mit andere? どうしてこんな無様なのでしょうか。
[PR]
by walk41 | 2017-02-26 23:37 | ドイツのこと | Comments(0)

美味しいBretzel

b0250023_07295194.jpg
ドイツに行くことの楽しみの一つは、美味しいBretzelを食べることです。ドイツ南部に限るのかしら、大変に好まれる、また日常的に食されるパンです。

この日も、訪れた学校で用意くださいました。バターが挟んであるButterbretzelです。塩が少し効いたバターと表面がカリカリ、しかし中はしっとりのこのパンをもらうと、ドイツに来たなあと感じさせられます。

日本でもこんな美味しいものを焼いてくれるところはないのでしょうか。

[PR]
by walk41 | 2017-02-26 07:35 | ドイツのこと | Comments(0)

洒落っ気

b0250023_02015200.jpg
「校長が執務中」と銘打ったポスター、南ドイツの初等・中等学校の校長室の扉に貼ってあります。

洒落っ気があると思いませんか。どうせなら、楽しく仕事をしたいものです。



[PR]
by walk41 | 2017-02-24 02:05 | ドイツのこと | Comments(0)

おおらかな学校生活

b0250023_15175134.jpg
南ドイツのこの基礎学校におそらく限らないでしょう。とくに冬は雪解けで生じる泥で校舎が汚れるのを避けるために、子どもたちは外履きの靴を脱いで、上履きに履き替えることを求められます。とはいえ、下駄箱があるわけではなく、教室の前で履き替えるだけです。

そこで興味深いのは、上履きについて何かルールがあるわけではなく、みんな好きなものを履いているということです。写真の3年生男の子は、ハンバーガーの形をした上履きですし、ある女の子はソックスのみでした。全館暖房で、床もそれほど冷たくないのも理由かもしれません。

こうしたことの是非は分かりませんが、楽しくなるのはこんな上履きを見ることでしょう。


[PR]
by walk41 | 2017-02-23 15:24 | ドイツのこと | Comments(0)

くつろぎすぎ?

b0250023_01134145.jpg
何事もバランスが大切でしょうが、こういう雰囲気も個人的には好きです。

クラスメイトが数分間のプレゼンテーションをしているのを聴く、仲良しの女の子二人組。南ドイツの中等学校、6年生です。きっと嬉しく心地よいことでしょう。

[PR]
by walk41 | 2017-02-22 01:17 | ドイツのこと | Comments(0)

警察と学校との関係

b0250023_12130453.jpg
南西ドイツの中等学校にて。教室に写真のような警察提供のポスターが貼ってありました。「楽しいのは、みんながそのことを笑えるとき」と、誰かを笑い者にすることを戒めるものです。

このほかにも、学校生活で起こるであろうことに関わる標語があります。「暴力は犠牲者を決めるのである。加害者ではない」「互いに話をすることが、暴力にとって強敵となる」「声を上げない者は犠牲者を孤立させ、加害者の後押しをする」といった文字が大きく記されています。

それだけ問題があることの裏返しでもあるでしょうが、警察のアクションが学校で活用されていることを知った次第です。

[PR]
by walk41 | 2017-02-18 12:34 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)

席を替える

b0250023_13455247.jpg
南西ドイツのこの学校では、生徒に応じた学習を促すことを眼目の一つにしていますが、写真のような標語が机に貼り付けられているのを見ました。「(勉強に)集中できない時は、進んで座っている席を換えます」

教室いっぱいに机が置かれているようでは無理な話ですが、そのことを含めて、よりそれぞれが学習を進めやすい環境に心を砕くことが大切ではないと思わされます。

別のクラスでは、「(言われなくても)自分で勉強を進められる」と教員から認められた生徒は、教室から出て、もう一人のクラスメイトと廊下に置かれた机に向かっていました。いつも教員の所作に注目しなければならないような場では、進む勉強も阻害されえます。主体的であるとか自律性を持つというのは難しいテーマの一つですが、少なくともチャレンジしてみること、そんな勇気が必要ではないでしょうか。

[PR]
by walk41 | 2017-02-17 13:55 | 身体 | Comments(0)

遊び心

b0250023_11501394.jpg

南西ドイツのある街で、面白い案内を知りました。

この街には州が管理する、バロック様式の素敵な城があるのですが、2/17までの期間、入館窓口にて、カップルがキスをしたら、入場料が無料になるという企画をしているのです。写真はそれをPRするカードですが、なかなかいいでしょう。

行政機関にもこんな遊び心がもっとほしい、と思わされます。


[PR]
by walk41 | 2017-02-16 11:51 | ドイツのこと | Comments(0)

こんなに矛盾しているのに

b0250023_12350457.jpg
「タバコは著しく健康を害します」と表示しながら売るタバコのコーナー。

こんな文言を読んだからと言って止めないことの証かもしれないね。

アラブ首長国連邦のドバイ空港にて。

[PR]
by walk41 | 2017-02-15 12:37 | Comments(0)



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
地毛は大切?
at 2017-08-21 10:30
「言い切れる正しさ」
at 2017-08-21 09:34
「子どもらしさ」と感情の表出
at 2017-08-19 16:13
人一倍
at 2017-08-18 12:45
Platoon
at 2017-08-16 23:25
〜しか〜ない
at 2017-08-15 19:34
7月4日に生まれて
at 2017-08-14 22:54
耐えられる能力
at 2017-08-13 16:29
negative capab..
at 2017-08-13 12:45
悲しいとき〜
at 2017-08-12 13:43
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧