人気ブログランキング |

学校・教職員の現在と近未来 Gegenwart und nähere Zukunft der Schule und ihrer Mitglieder

関西の言葉と「再会」

NHK「朝のニュース」で紹介されていた、ニシワキタダシさん(コラム: 早川卓馬さん)による『かんさい 絵ことば辞典』(ピエブックス)を読んだ。1ページにイラストと言葉が2つずつ挙げられている。眺めていて楽しい。

「そういうたら、そんな言い方するなあ」、「いやあ、すっかり忘れてたわ」と、関西のことばと久しぶりの再会を果たした気持ちだ。

「それ、さらやねん」「自分がいうたんやん」「ほたえたらあかん」…。濁音が少ない分だけ、穏やかに聞こえるが、その反面、「~ねん」「~やん」と、相手に有無を言わせない強さも併せ持っているのではないかな。

素人評はここまで。もっと関西弁を遣うようにしよ。

聞いてくれはる人が「おもしろい」「楽しそう」って思ってくれはったら、それだけもっと聞いてもらえるから得やん。話は理屈だけやあらへんし、相手の気持ちに響いてなんぼ、でもあるんやし。
by walk41 | 2012-01-16 22:59 | ことばのこと | Comments(0)
<< 「日の丸・君が代」を学校に持ち... 研修の企画側は人数を考えて >>



榊原禎宏のブログ(Yoshihiro Sakakibara Blog) 教育学の一分野、学校とその経営について考えます(um die Schule und ihre Verwaltung und Management)
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧