学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

クラス替え

昨年お邪魔した、南ドイツの小学校では驚かされた。

その前の年にも伺ったのだが、学級担任の先生の教室が同じなのだ。「だって、同じ学年だからでしょ」。いやいや、彼女は前年は4年生、今は3年生、もちろん、子どもたちたちも違っている。

隣の教室を見ると、4年生。つまり、1と2年生、3と4年生という括りにはなっているけれど、違う学年の児童が隣り合っているのは、教員が担当する学年やクラスが変わっても、自分は動かないという仕組みをとっているからなのだ。

このことを校長先生にたずねると、「同じ部屋の方が、自分らしく飾ることができて良いでしょう」とのこと。たしかに、使い勝手を含めて、教員には好都合なことが多いのかも。

校舎における学年と学級の配置について、毎年のように、児童生徒と教員がみんな動くような前提で捉えていたことに気づかされた。

もちろん「隣の学校はこんな風にはしていないけれど…」と校長。それでもなお、その学校からはまず移動しない人事運営ゆえ、できることなのだろうなあ。
[PR]
by walk41 | 2012-03-06 09:09 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 「こわす」と「つくる」に通じること 単位 >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
お久しぶりです。お元気で..
by walk41 at 18:20
こんにちは。全くその通り..
by じゅくせんまさや at 15:08
「教え子を戦場に送るな」..
by Koji at 12:50
じゅくせんまさやさま、 ..
by walk41 at 05:02
いつも楽しみに拝読してい..
by じゅくせんまさや at 19:06
教員の労働時間は確かにブ..
by Koji at 22:22
大学は学校教育法上「学校..
by 回答者(仮名) at 17:35
施設管理のスペシャリスト..
by Kazuki KONAKA at 15:53
初めまして。 昨日子供..
by まさに。 at 10:33
懐かしいご連絡をありがと..
by walk41 at 17:33
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧