学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

やっぱり学校の「研究仮説」は変!

あくまでも、学校でいう「校内研究」に限った話。

どうしてこんなスタイルになっているのかわからないけれど、教育委員会所管の教育センターがこの指南をしていることは明らかだ。たとえば、http://www.edu-c.pref.miyagi.jp/longres/H15_A/pdf/gkgb09.pdf

一例を引くと、「国語科の『話すこと・聞くこと』の指導を中心とした発表活動において,話す内容を考える際に使用する学習カードを工夫したり,友達の発表の要点や発表の仕方の良い点等に気付かせる支援の仕方を工夫したりすれば,話し方・聞き方が深まり,意欲的に意見を伝え合うことができるようになるであろう。」

話をつづめると、「~の工夫をすれば、~になるだろう」という話。これをおかしいとは思わないだろうか。

だって、「学習カードや気づかせる工夫」と「深まり、言い合うことができる」とは、ほとんど同じことを言っているから。「雨が降れば、雨傘を差す人が増えるだろう」の方がまだちょっとは違っているくらいだ。

そのため、生徒の深まりや伝え合いが、工夫の結果なのか、それとも、深まりや伝え合う様子を見て、工夫をしたと判断できるのか、がわからない。さらには、これまでそんな工夫をしてこなかったの?とたずねたくなるほどである。

こんなことを続けていても、授業は何も変わらない。そのことを当の教員は知っているから、校内研究は決して「やりたいわけではない」、研究主任にはなりたくない、指定研究もできるだけ避けたい、御免被る、となるのだ。

もうこんなことは止めや、と声の上がらん辺りが、「まあ、ええんとちゃう」という踏襲型の硬直した組織ゆえか。「学力向上」って子どもに変わることを求めるんやったら、教員と学校も変わらんと、あかんやろに。ええい。
[PR]
by walk41 | 2012-03-10 11:24 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 「見られると変わる」授業 誰かが喜んでくれるから >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
はじめまして、香菜子とい..
by 無力な教育者香菜子先生 at 13:53
お久しぶりです。お元気で..
by walk41 at 18:20
こんにちは。全くその通り..
by じゅくせんまさや at 15:08
「教え子を戦場に送るな」..
by Koji at 12:50
じゅくせんまさやさま、 ..
by walk41 at 05:02
いつも楽しみに拝読してい..
by じゅくせんまさや at 19:06
教員の労働時間は確かにブ..
by Koji at 22:22
大学は学校教育法上「学校..
by 回答者(仮名) at 17:35
施設管理のスペシャリスト..
by Kazuki KONAKA at 15:53
初めまして。 昨日子供..
by まさに。 at 10:33
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
教員養成の期間と学修量 Da..
at 2018-06-23 21:49
見て見ぬ振り ein Aug..
at 2018-06-23 14:23
拍子
at 2018-06-22 18:18
陳腐化
at 2018-06-20 11:16
一人で行うべき作業
at 2018-06-19 11:12
学校の施設・設備の管理
at 2018-06-19 07:37
曖昧さの大切さ
at 2018-06-15 17:10
知らなかった新幹線のこと
at 2018-06-14 16:16
「公的な場」に居続けられない
at 2018-06-14 15:18
学校における動物の風景
at 2018-06-13 08:45
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧