学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

全体と部分

60年近く維持されてきた組織に大なたをふるい、局所適材の弊害を改めたというアルプス電気の記事を読んだ(日経ビジネス、2012年3月12日号)。

「事業部は自分たちの損益を最優先しがちだった」、つまり、事業部の自立性・独立性が高く、技術や人材を囲い込む、つまり、事業部を単位とした局所最適が進み、全体最適には至っていなかったのだという。

素人目には、製品の提供、顧客満足、利益確保、と目標が全体に集約されやすいように見える企業ですら、こうした状況に陥ることがあるのを知ると、「製品」「完成品」が捉えどころなく、顧客も誰かがよくわからず、利益も何なのかがはっきりしない学校教育という活動では、局所に関心が向きがちなのは当然とも思える。

曰く、「学校教育目標にもとづき、個々の教育実践を」「目指す子ども像の実現をめざして」「保護者・地域の信頼に応えられる学校づくりを」と、教育委員会、学校管理職は声を大に語るが、それが詰まるところ、具体化されず、いつも「職員の意識改革」というアイディアしか出てこないのは、むべなるかな。

さて、アルプス電気の場合は、拠点数を減らすとともに、地方拠点にいる担当部長が週に2回、本社の大部屋で勤務する制度を設けるなど、人事の流動化を図ることで、風通しの良い組織づくりを目指しているという。

ティームティーチング、学級担任の適宜交代、プロジェクト型の分掌、「一日校長」など、思いつかないことはないけれど、問題は、それらをどれほど実際にできるかということ。「めんどうくさい」「ちょっと無理やろう」「そんなのは嫌だ」と少なくない職員、とくに教員が思うとすれば、その直観の背景を確かめなければならない。

「そんなことを言っているからダメなんだ」と叱咤激励しても、人は動かないだろうから。なかでも、職場の大半が大学卒業という偏った学歴構成になっている学校では「頑固者」が多いので、それも踏まえて対応しないとね。
[PR]
by walk41 | 2012-03-16 08:32 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 哀れ、板挟みの学校 「良い相性」の幅を広げたい >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
はじめまして、香菜子とい..
by 無力な教育者香菜子先生 at 13:53
お久しぶりです。お元気で..
by walk41 at 18:20
こんにちは。全くその通り..
by じゅくせんまさや at 15:08
「教え子を戦場に送るな」..
by Koji at 12:50
じゅくせんまさやさま、 ..
by walk41 at 05:02
いつも楽しみに拝読してい..
by じゅくせんまさや at 19:06
教員の労働時間は確かにブ..
by Koji at 22:22
大学は学校教育法上「学校..
by 回答者(仮名) at 17:35
施設管理のスペシャリスト..
by Kazuki KONAKA at 15:53
初めまして。 昨日子供..
by まさに。 at 10:33
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
教員養成の期間と学修量 Da..
at 2018-06-23 21:49
見て見ぬ振り ein Aug..
at 2018-06-23 14:23
拍子
at 2018-06-22 18:18
陳腐化
at 2018-06-20 11:16
一人で行うべき作業
at 2018-06-19 11:12
学校の施設・設備の管理
at 2018-06-19 07:37
曖昧さの大切さ
at 2018-06-15 17:10
知らなかった新幹線のこと
at 2018-06-14 16:16
「公的な場」に居続けられない
at 2018-06-14 15:18
学校における動物の風景
at 2018-06-13 08:45
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧