学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

「ふるさと」はどこにある

NHKスペシャル「故郷か 移住か ~原発避難者たちの決断~」(2012.3.24)を見た。

原発事故後、避難を余儀なくされ、その後の帰宅のメドもなく、漂流状態の住民を描き出していた。そこで印象的なのは、年配の人は住んでいた町にみんなと帰りたいと考えるが、子どもたちのこれからを考える若い世代は、新天地を求め去ろうするということだ。

学校教育の基本的な特徴は、子どもたちがいま住む町から旅立つために、何かを教え育てるという役割を担っていること。やがて自分たちから離れていく者のために、自分たちの貴重な資源を投入するという不思議なことを担っているのが、学校である。「ふるさと」に住むための学校は、成り立ちにくいのだ。

その意味で「ふるさと」は、自分が育まれ、広い世界に出て行く基盤を与えてくれるもので、「心」の拠り所としてこそ意味を持つのだろう。つまり、そこにいては感じにくいもの、それが「ふるさと」ではないだろうか。

愛唱される「ふるさと」もちょうどそんな心情を語っているように思う。「忘れがたき ふるさと」「思い出ずる ふるさと」「いつの日にか 帰らん」、いずれも今そこにいないからこそわき上がる気持ちなのだろうと。
[PR]
by walk41 | 2012-03-25 12:10 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 「ラスト・サムライ」 この夏で14歳です >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
はじめまして、香菜子とい..
by 無力な教育者香菜子先生 at 13:53
お久しぶりです。お元気で..
by walk41 at 18:20
こんにちは。全くその通り..
by じゅくせんまさや at 15:08
「教え子を戦場に送るな」..
by Koji at 12:50
じゅくせんまさやさま、 ..
by walk41 at 05:02
いつも楽しみに拝読してい..
by じゅくせんまさや at 19:06
教員の労働時間は確かにブ..
by Koji at 22:22
大学は学校教育法上「学校..
by 回答者(仮名) at 17:35
施設管理のスペシャリスト..
by Kazuki KONAKA at 15:53
初めまして。 昨日子供..
by まさに。 at 10:33
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
教員養成の期間と学修量 Da..
at 2018-06-23 21:49
見て見ぬ振り ein Aug..
at 2018-06-23 14:23
拍子
at 2018-06-22 18:18
陳腐化
at 2018-06-20 11:16
一人で行うべき作業
at 2018-06-19 11:12
学校の施設・設備の管理
at 2018-06-19 07:37
曖昧さの大切さ
at 2018-06-15 17:10
知らなかった新幹線のこと
at 2018-06-14 16:16
「公的な場」に居続けられない
at 2018-06-14 15:18
学校における動物の風景
at 2018-06-13 08:45
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧