学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

誰でも気づくことが

NHK朝のニュース」(2012.3.26)、「元気な中小企業」では、トンネル検査で急成長する北九州市の会社を取り上げる。

これまで道路を閉鎖して、1ヶ月かけて行われていた人の目によるトンネルのひび割れなどの検査。これを、特殊な車両に16台のカメラを装着、時速50キロで走行しながらトンネル内を記録する。1秒間に30枚の写真を撮影できる技術で、わずかなひび割れも見つけ出し、検査日数も費用も大幅に短縮・削減できるという。

「誰でも気づく技術だったと思う。でも誰も手をつけていなかった」と社長が語る。

これはどこにでも当てはまりそうだ。変えていくヒントはいっぱいあるはずなのに、問題はそれになかなか気づかない、ということ。

かつて、「理屈は要らないから、どうすればいいのかを教えてほしい」と大学院に来て話す現職教員が少なくなかった。どうすればいいのかは自分で見つけ出すしかない。大学のできるのは、当たり前に見えがちな教員に、違う角度から、あるいは異なる光を当てるという思考上の実験方法について教えることである。

見えにくい学校教育に実践的であろうとすれば、いきおい見たいものしか見えなくなる。そこで岡目八目の役割を果たすのが学問や教養だから、それらが実践的だというのは論理矛盾である。「実践に役立たないけれど、学問は大切だ」ではなく、「実践に役立たないからこそ、学問は大切だ」なのだ。
[PR]
by walk41 | 2012-03-26 08:36 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 美しい、きれい、キレイ ここにも戦争の跡が >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
はじめまして、香菜子とい..
by 無力な教育者香菜子先生 at 13:53
お久しぶりです。お元気で..
by walk41 at 18:20
こんにちは。全くその通り..
by じゅくせんまさや at 15:08
「教え子を戦場に送るな」..
by Koji at 12:50
じゅくせんまさやさま、 ..
by walk41 at 05:02
いつも楽しみに拝読してい..
by じゅくせんまさや at 19:06
教員の労働時間は確かにブ..
by Koji at 22:22
大学は学校教育法上「学校..
by 回答者(仮名) at 17:35
施設管理のスペシャリスト..
by Kazuki KONAKA at 15:53
初めまして。 昨日子供..
by まさに。 at 10:33
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
教員養成の期間と学修量 Da..
at 2018-06-23 21:49
見て見ぬ振り ein Aug..
at 2018-06-23 14:23
拍子
at 2018-06-22 18:18
陳腐化
at 2018-06-20 11:16
一人で行うべき作業
at 2018-06-19 11:12
学校の施設・設備の管理
at 2018-06-19 07:37
曖昧さの大切さ
at 2018-06-15 17:10
知らなかった新幹線のこと
at 2018-06-14 16:16
「公的な場」に居続けられない
at 2018-06-14 15:18
学校における動物の風景
at 2018-06-13 08:45
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧