学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

新ゼミはじまる

卒業生を送り出して数日、4月まであと少しという昨日、新年度のゼミをスタートさせた。今年のメンバーは、大学院生、学部生、研究生の6人だ。最初のお題は、「卒論(修論)の書き方講座 2012年度版」。

論文とは何か、どんな命題により値打ちがあるのか、から、教育学分野における文献の引用・注釈のつけ方まで、休憩を挟みながらおよそ3時間半、学生たちに話す。どれくらい伝わったかなあ。

同業の方は肯かれることだろうが、論文の一番やっかいな、だからこそおもしろいのは、命題を立てるまでである。どんな領域でいかなる問いが作れるのか、何がどんな問題として仮説できるのか、ここが初めて論文を書く学生にとっては、特に難儀するところ(自分が学部生のときもそうだった。さっぱりわからず(^^;))。

何が問題になりうるのか、これまで当たり前に見えがちだったことを捉え直し、関係を再構成する過程こそ、研究の醍醐味でもある。学生たちは春からしばらく呻吟するだろうが、大いに悩んでほしい。もちろん、一人で考えられることのたかはしれているので、先行研究を集めて学び、刺激を受けてほしい。

夜は、本年度と過年度の卒業生も来てくれた懇親会。教職生活1年目が終わり、たくましさが感じられる卒業生、元気そうで何より。外国で学ぶべく、準備を進める君もいる。大いに飛翔することだろう。また、こうして学生間のつながりを感じられることは、とても嬉しい。
[PR]
by walk41 | 2012-03-27 07:29 | 研究のこと | Comments(0)
<< 仕事と「遊び」 美しい、きれい、キレイ >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
はじめまして、香菜子とい..
by 無力な教育者香菜子先生 at 13:53
お久しぶりです。お元気で..
by walk41 at 18:20
こんにちは。全くその通り..
by じゅくせんまさや at 15:08
「教え子を戦場に送るな」..
by Koji at 12:50
じゅくせんまさやさま、 ..
by walk41 at 05:02
いつも楽しみに拝読してい..
by じゅくせんまさや at 19:06
教員の労働時間は確かにブ..
by Koji at 22:22
大学は学校教育法上「学校..
by 回答者(仮名) at 17:35
施設管理のスペシャリスト..
by Kazuki KONAKA at 15:53
初めまして。 昨日子供..
by まさに。 at 10:33
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
教員養成の期間と学修量 Da..
at 2018-06-23 21:49
見て見ぬ振り ein Aug..
at 2018-06-23 14:23
拍子
at 2018-06-22 18:18
陳腐化
at 2018-06-20 11:16
一人で行うべき作業
at 2018-06-19 11:12
学校の施設・設備の管理
at 2018-06-19 07:37
曖昧さの大切さ
at 2018-06-15 17:10
知らなかった新幹線のこと
at 2018-06-14 16:16
「公的な場」に居続けられない
at 2018-06-14 15:18
学校における動物の風景
at 2018-06-13 08:45
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧