学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

「開かれた学校」と授業研究

もう1年以上前になるが、宅配「おせち料理」の事件があった。宣伝と実際の中身があまりにも違う、飾られておらす残飯同様と、とんでもない商売をした店だったが、合わせて問題になったのは、店の一角で普段着のまま食材を盛りつけていた様子が、インターネットで公開されたことだろう。そう、ちゃんとしたおせち(に限らないが)を作るには、温度、湿度、衛生状態など、厳密に管理されなければならないのに、その真反対のことをしていたのだから。

ところ替わって学校、家庭との連携はともかくも、なぜか地域との連携が声高に叫ばれる日本では、とにもかくにも「開かれている」ことが大切なようだ。地域に開かれた学校として、学校公開をする、地域資源を活かした「総合的学習の時間」、地元の人も「先生」に、おまけに地域行事への教職員の参加(これは勤務か?)など、目白押しである。

だったら、「~すれば、~になる」といった授業研究ができないことは明らかだ。授業内外の環境が閉じられておらず「開かれている」、つまり、管理するのが難しい状況を自ら導いており、ある出来事がどうしてそうなったのかについて説明できない、因果関係はおろか、相関関係すらわからない状態ですよ、と宣言するに等しいからだ。

仕出し屋さん、なかでもおせち料理を作るような店に、「開かれた」はありえない。商品を管理できないからだ(危なっかしくて、とても食べる気にならんぞ)。なのに、学校は管理できない条件をかたや設定しながら、もう一方で、管理できてこそ可能な、一元的に説明可能な研究をやろうとする。授業研究は、「~すれば上手に授業ができる」ことを追求するものではない、それは、「いろいろなやり方があるんだなあ」と自らの視野を広げ、相対化することにこそ意義があるのだ。

なのに、この基本的なムリさについて、どうして気づいてもらえないのだろうか。
[PR]
by walk41 | 2012-03-27 23:07 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 氏名で呼ぶということ 仕事と「遊び」 >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
はじめまして、香菜子とい..
by 無力な教育者香菜子先生 at 13:53
お久しぶりです。お元気で..
by walk41 at 18:20
こんにちは。全くその通り..
by じゅくせんまさや at 15:08
「教え子を戦場に送るな」..
by Koji at 12:50
じゅくせんまさやさま、 ..
by walk41 at 05:02
いつも楽しみに拝読してい..
by じゅくせんまさや at 19:06
教員の労働時間は確かにブ..
by Koji at 22:22
大学は学校教育法上「学校..
by 回答者(仮名) at 17:35
施設管理のスペシャリスト..
by Kazuki KONAKA at 15:53
初めまして。 昨日子供..
by まさに。 at 10:33
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
教員養成の期間と学修量 Da..
at 2018-06-23 21:49
見て見ぬ振り ein Aug..
at 2018-06-23 14:23
拍子
at 2018-06-22 18:18
陳腐化
at 2018-06-20 11:16
一人で行うべき作業
at 2018-06-19 11:12
学校の施設・設備の管理
at 2018-06-19 07:37
曖昧さの大切さ
at 2018-06-15 17:10
知らなかった新幹線のこと
at 2018-06-14 16:16
「公的な場」に居続けられない
at 2018-06-14 15:18
学校における動物の風景
at 2018-06-13 08:45
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧