人気ブログランキング |

学校・教職員の現在と近未来 Gegenwart und nähere Zukunft der Schule und ihrer Mitglieder

知能と知性

受け売りだが、アメリカには、知能に対する高い評価の一方、知性に対する反感がうかがえるらしい(『アメリカの反知性主義』(R.ホーフスタッター、 田村哲夫訳、みすず書房、2003年、[原著は1963年])。

ここで、知能とは実用的、実利的、ビジネスで成功すること、これに対して知性とは分析的、批判的で、より原理的である。

アメリカがどうかはさておくとして、この区分は面白く、説得的だ。「筆記テストで100点とれる」ことは知能的だが、たとえば「そんなん、喋った方が早いやん」と考えるのは知性的である。「有名企業に就職」は知能が高い証かもしれないが、「それがあなたの幸せなん?」と考えることは知性的である。

つまり、知性的であることは、社会的成功を必ずしももたらさず、むしろ「変人」「役立たず」と排除される危険ですらある。しかし、世の中は無常であり、社会の価値や規範は常に変化しているから、短い一生ならともかく、それなりの寿命を享受するつもりならば、知能的なことはリスクであり(「ガンコ者」「ワンパターン」)、知性的なことが重要である。

知能と知性、いずれも英語はintelligenceだけれど、前者にはcapabilityという単語もつけ加わる。「~できる」のは「わかっていない」からこそ、とも言えるからだろう。

「なんでか知らんけど、そうやったらこうなるねん」は、機械的な活動。高校生の頃、「北条民雄→いのちの初夜」って作品を読みもしないで(勝手な想像だけして(^^;))丸暗記。国語の1点くらいにはなったもんなあ。まったくの阿呆。

「丸暗記」とは、歴史や文学史に限らない。漢字の読み書きも同じこと、たとえば「偽」という漢字がなぜ「いつわり」を意味するようになったのかを知らず、「偽り」と書けるだけでは、知能的だが知性的とは言えないのである。
by walk41 | 2012-04-08 16:52 | ことばのこと | Comments(0)
<< 教員の職業威信 システム >>



榊原禎宏のブログ(Yoshihiro Sakakibara Blog) 教育学の一分野、学校とその経営について考えます(um die Schule und ihre Verwaltung und Management)
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
さかきばら先生、 いつ..
by よなす at 00:05
よなすさんへ、いつもコメ..
by walk41 at 13:37
さかきばらせんせい、こん..
by よなす at 01:11
よなすさんへ コメ..
by walk41 at 09:40
さかきばら先生こんにちは..
by よなす at 03:01
よなすさんへ、コメントを..
by walk41 at 18:37
いつも興味深く拝読してい..
by よなす at 00:02
はじめまして、香菜子とい..
by 無力な教育者香菜子先生 at 13:53
お久しぶりです。お元気で..
by walk41 at 18:20
こんにちは。全くその通り..
by じゅくせんまさや at 15:08
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧