学校・教職員の現在と近未来 Gegenwart und nähere Zukunft der Schule und ihrer Mitglieder

数字と感情

読売新聞HP中の発言小町、「全員集合!職業病」というトピックが立っている。職業上の習慣から来る、思わずやってしまうことがたくさん挙がる。

その中に、「私は薬局勤務が長く、薬は7の倍数で処方されることが多いので“20”や“50”が半端な数字に見えてイラっとします」とあって、なるほど~。数字は無味無臭に見えるけれど、こんな風に人の認識と感情に影響を及ぼすことがあるのだなあ。

たとえば、クルマのナンバープレート、電話番号、(関西地方に多いとも言われる)語呂合わせもあいまって、数字を見たときに感じるのは人により必ずしも一律ではないところが、おもしろい。10進法がメジャーなためか、「めざせ、100名山」「100点満点」とか「101匹ワンちゃん」と盛り上がる(最後はちょっと違う?)のも、キリのいい数字に肯定的な意味を見出しているからだろう。

そういえば、アメリカのTVドラマ、"criminal mind"だったかな、何事も3回繰り返さないと次の行為に移ることのできない男性が登場した。冷蔵庫の扉を3回開閉、ドアノブを3回回す、という具合にだ。見ていてこちらが疲れるような役だった。

数字を意識することで認識が作動し、感情が生まれることがある、とすれば、貨幣経済が全盛の現代、私たちは常に数字を意識させられ、ひいては落ちつかない時間を過ごしているのかもしれない。
by walk41 | 2012-05-07 16:22 | Comments(0)
<< 準備 財産としての「学力」 >>



榊原禎宏のブログ(Yoshihiro Sakakibara Blog) 教育学の一分野、学校とその経営について考えます(um die Schule und ihre Verwaltung und Management)
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
よなすさんへ、コメントを..
by walk41 at 18:37
いつも興味深く拝読してい..
by よなす at 00:02
はじめまして、香菜子とい..
by 無力な教育者香菜子先生 at 13:53
お久しぶりです。お元気で..
by walk41 at 18:20
こんにちは。全くその通り..
by じゅくせんまさや at 15:08
「教え子を戦場に送るな」..
by Koji at 12:50
じゅくせんまさやさま、 ..
by walk41 at 05:02
いつも楽しみに拝読してい..
by じゅくせんまさや at 19:06
教員の労働時間は確かにブ..
by Koji at 22:22
大学は学校教育法上「学校..
by 回答者(仮名) at 17:35
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
進化するサービス entw..
at 2019-02-23 20:32
過剰では? exzessiv?
at 2019-02-22 16:08
丁寧さ Höflichke..
at 2019-02-21 23:46
「構ってほしい」kümmer..
at 2019-02-21 05:58
飛行機から投下された爆弾 ..
at 2019-02-20 09:21
バッテラ bateira
at 2019-02-19 16:50
Gemeinschaft 再..
at 2019-02-17 12:12
知らなけれど分かる wis..
at 2019-02-16 23:16
「どっちでもいい」 „mi..
at 2019-02-15 06:14
優れもののビン回収装置
at 2019-02-13 20:57
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧