学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

そうなりやすい環境

脱肥満が叫ばれるアメリカだが、米疾病対策センター(CDC)の肥満に関するフォーラムにおいて、2030年には、BMI値30以上の肥満の割合はさらに高まり、42%に達する見通しだという(SANKEI EXPRESS、2012.5.14)。

この紹介記事で面白く思ったのは、本人の意志の問題というよりも、環境が太るように仕向けているという見方だ。人間の主体性と環境による影響、つまり、規定性と被規定性の議論は、哲学の基本問題でもあるが、主体性そのものが環境によって形成される部分をもち、環境そのものが人間の主体性発揮の結果でもあるという、人間社会の自己言及的性格から、容易には解けない問いになっている。

このため、意志の問題とも、また、環境のためとも、いずれの説明も可能だが、意志の問題で帰れないならば、環境に即して考えてみる、環境の問題で変えられないようならば、意志に即して考えてみると、実にいい加減だが、柔軟に発想をしてみてはどうだろうか。

つまり、学校教員の多忙問題であれば、1.自分の意志を変えられないのなら、環境を変えるようにしてみる。嫌でも何でも6時には帰る、ことを客観的なルールにする。2.あるいは、どうしても、環境が変えられないのなら、自分の意志で要求水準を下げて、ここまでしかできないけれど仕方がない、と諦める。気持ちの持ちようを変えるのだ。

対人関係の悩みでは、相手が変わることを期待するのは無理だから、自分を変えようとアドバイスされる。これは後者の発想によっており、前者の発想によれば、自分や自分たちで何とか変えられそうならば、環境を変えようと社会活動に向かうことになる。いずれも有効な方略だが、大切なのは、いずれを今、採ればよいかの見極めである。

対人関係で相手に期待しても仕方ないように、社会問題なのに個人の意志の問題にしても仕方がない。両者は切り離せないものでもあるが、まず求められるのは、いずれの方向で考えるべきかという私たちの思考上の「技」ではないかと思う。
[PR]
by walk41 | 2012-05-14 10:36 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< おじさんと携帯電話 先生が飛ぶ >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
お久しぶりです。お元気で..
by walk41 at 18:20
こんにちは。全くその通り..
by じゅくせんまさや at 15:08
「教え子を戦場に送るな」..
by Koji at 12:50
じゅくせんまさやさま、 ..
by walk41 at 05:02
いつも楽しみに拝読してい..
by じゅくせんまさや at 19:06
教員の労働時間は確かにブ..
by Koji at 22:22
大学は学校教育法上「学校..
by 回答者(仮名) at 17:35
施設管理のスペシャリスト..
by Kazuki KONAKA at 15:53
初めまして。 昨日子供..
by まさに。 at 10:33
懐かしいご連絡をありがと..
by walk41 at 17:33
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
授業改善と教育の質(ドイツ語..
at 2018-04-25 21:18
文責
at 2018-04-24 22:05
大学の連携先
at 2018-04-23 23:00
女性頼みの観光誘致?
at 2018-04-22 07:13
女子大学のジレンマ
at 2018-04-21 06:36
実科学校修了試験のドイツ語を..
at 2018-04-18 14:57
女人禁制再論
at 2018-04-16 15:26
これは男女平等とは言えない
at 2018-04-16 06:44
博物館の頑張り
at 2018-04-15 08:27
自然のものとは知らなかった
at 2018-04-13 21:20
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧