人気ブログランキング |

学校・教職員の現在と近未来 Gegenwart und nähere Zukunft der Schule und ihrer Mitglieder

思いやりのある子

電車が駅に着くたびに、座席から立ち上がって譲るべき乗客を待つ少年たちの様子を見て、ほほえましく感じた30代女性が、これからも思いやりを忘れないでね、と投書。

「思いやりのある子」は、徳育上も望ましいと考えられているが、それはどのような計画-実施-修正という過程から生み出されると理解すればよいのだろうか。思いやりを持てるような場面を設定する? その素晴らしさを語って聞かせる? 映像を見せる? それとも?

また、この行為は主体的なものと見てよいのか。少年たちの間の集団力学の結果ではないか(「みんながそうやっているから」)? あるいは、周りを気にしてやっている訳ではないけれど、どうしてこうやるのかはあまり考えていない(「席を譲ることがとにかく大切」)ということはないか? さらに、これらは評価されることなのか、されないことなのか? 

かくして、多くの選択肢の一つとして「思いやりのある子どもの育成」を意図した教育活動がありうるのだから、教育的働きかけとその結果、さらに評価を直接につなごうと考えることが、とても幼い発想であることは明らかだろう。

どうなるかは読み切れないからこそ、教育者は「実践に賭ける」のだろうから、その賭けにできれば勝つべく、子どもたちが多様な経験のできる環境を直接・間接に提供すること、「指導」とは違う点に、いっそう着目してほしいと思う。
by walk41 | 2012-05-17 09:09 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 「わかる」と「できる」 じゃまなんやけど >>



榊原禎宏のブログ(Yoshihiro Sakakibara Blog) 教育学の一分野、学校とその経営について考えます(um die Schule und ihre Verwaltung und Management)
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
さかきばら先生、 いつ..
by よなす at 00:05
よなすさんへ、いつもコメ..
by walk41 at 13:37
さかきばらせんせい、こん..
by よなす at 01:11
よなすさんへ コメ..
by walk41 at 09:40
さかきばら先生こんにちは..
by よなす at 03:01
よなすさんへ、コメントを..
by walk41 at 18:37
いつも興味深く拝読してい..
by よなす at 00:02
はじめまして、香菜子とい..
by 無力な教育者香菜子先生 at 13:53
お久しぶりです。お元気で..
by walk41 at 18:20
こんにちは。全くその通り..
by じゅくせんまさや at 15:08
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧