学校・教職員の現在と近未来 Gegenwart und nähere Zukunft der Schule und ihrer Mitglieder

子ども理解の方法

大変な作業になるのだろうなあ。一人ひとりの子どもを見て、書いて、考える、ってこと。

新刊案内に、中坪史典『子ども理解のメソドロジー』というタイトルを見つけた。目次だけ見ると、子ども理解の方法として、エピソード記述やエスノグラフィーなどが挙げられており、「見る‐書く‐考える、営みが子どもを見る目を鍛える」とあったので、なるほどと思わされたのだ。

この本は保育者向けのようだが、学校でも「みとる」という言い方で、子どもを捉えることが強調される。その具体は、まさに見て、記録して、反芻することなのかもしれないが、その内実はどのようなことだろうか。

子どもを見る、元気そう、落ち着きがない、反抗的…-教師が依拠する認識上の枠組みはどのようなものだろうか。

子どもを記録する、文字で、映像で、音声で、イラストで…一番多いのは、文字で言葉にすることだろう。そこで教師が持ち合わせるのは、もっぱら形容詞で、印象批評を超えるだろうか。また記録するのは、教師にとって印象的な場面だろうけれど、それは、その子のどの部分なのだろうか。

子どもを考える、どうしてあんなことをしたのだろう、なぜあんな態度をとるのだろう…-教師にとって説明のつきにくいことを、何とか合理化しようとするものではないだろうか。

そして、子どもを見る、記録する、考える教師である自分は、どんな眼差しを子どもに注いでいるのだろうか。教師は街中の電信柱ではない。立っているけれど、そのことをほとんど意識しないような存在ではない。教師の前だからこそ、いい格好をしようとする、つっぱってみる、無視する、迎合する、応援する、と様々な姿を子どもは見せる。

ということは、教師の目に映る子どもは「教師の子ども観」の投影ではないか。これは、どのような子ども理解につながるのだろうか。
by walk41 | 2012-05-18 15:07 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 楽しい駅 教育実践とPDCA >>



榊原禎宏のブログ(Yoshihiro Sakakibara Blog) 教育学の一分野、学校とその経営について考えます(um die Schule und ihre Verwaltung und Management)
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
よなすさんへ、コメントを..
by walk41 at 18:37
いつも興味深く拝読してい..
by よなす at 00:02
はじめまして、香菜子とい..
by 無力な教育者香菜子先生 at 13:53
お久しぶりです。お元気で..
by walk41 at 18:20
こんにちは。全くその通り..
by じゅくせんまさや at 15:08
「教え子を戦場に送るな」..
by Koji at 12:50
じゅくせんまさやさま、 ..
by walk41 at 05:02
いつも楽しみに拝読してい..
by じゅくせんまさや at 19:06
教員の労働時間は確かにブ..
by Koji at 22:22
大学は学校教育法上「学校..
by 回答者(仮名) at 17:35
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
進化するサービス entw..
at 2019-02-23 20:32
過剰では? exzessiv?
at 2019-02-22 16:08
丁寧さ Höflichke..
at 2019-02-21 23:46
「構ってほしい」kümmer..
at 2019-02-21 05:58
飛行機から投下された爆弾 ..
at 2019-02-20 09:21
バッテラ bateira
at 2019-02-19 16:50
Gemeinschaft 再..
at 2019-02-17 12:12
知らなけれど分かる wis..
at 2019-02-16 23:16
「どっちでもいい」 „mi..
at 2019-02-15 06:14
優れもののビン回収装置
at 2019-02-13 20:57
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧