学校・教職員の現在と近未来 Gegenwart und nähere Zukunft der Schule und Schulmitglieder

教職について考えるということ

学部1回生向けの授業で、現職教員を迎え、小・中学校の学級づくりと生徒指導についてお話をいただく。いずれも経験豊かな先生で、エピソードに事欠かず、わたしも楽しく聴かせてもらった。

授業中の様子や感想文から学生に好評だったことがわかり、学校の具体も知るというこの授業の目的が、彼らの興味・関心に即していたのは良かった。その上で、ふたつ、学生につもりしてほしいこともある。

その一、具体的な出来事を知れば知るほどに、「どのようにすれば上手くできるか」の答えにはたどり着かないことを確かめてほしい。うかがう話はあくまでも一例であり、そうしなければならない、というものでもない反面、こうすればよい、を教えてくれるものでもない。色々なご経験から、この辺りがポイントではないだろうかと、提案くださるものだ。これが正解という訳では必ずしもない。いずれも、長い教職生活を通じてそれぞれの先生なりに悩み、培われたものだからだ。教育実践に「賭ける」とは、勝てるとは限らず、負けることも往々を意味する。「にもかかわらず」臨もうとする姿勢から何を学ぶかが問われるだろう。

その二、すでに具体と抽象の思考の往復運動と話しているように、具体的であることは抽象的であることを排除するものでなく、具体的にそして抽象的に思考できる能力が大切になるから、具体例を聞いて、わかったつもりにならないこと、また、それを抽象化するという作業の労苦を厭わず、思考の幅を広げる訓練を積んでほしい。「わかりやすい」話は、これまでの自分の認識枠に近いためであり、それは別の発想を抑制するものでもある。多様な発想のできる主体でなければ、臨機応変にまた即興的な教育上の関わりに耐えることは難しい。「わかりにくい」話と向き合うことを通じて、自分の思考体力を養なうことが、長いだろう教職生活に備える基礎トレーニングだ。

とはいえ、ついこの間まで高校生だった君たち、大学に合格したらすぐに入学しなければならない、という今の仕組みは結構厳しいものがあるよね。土曜日というのに授業、お疲れさま。
[PR]
by walk41 | 2012-05-19 17:57 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 少しは慣れたかな 楽しい駅 >>



榊原禎宏のブログ(Yoshihiro Sakakibara Blog) 教育学の一分野、学校とその経営について考えます(um die Schule und ihre Verwaltung und Management)
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
はじめまして、香菜子とい..
by 無力な教育者香菜子先生 at 13:53
お久しぶりです。お元気で..
by walk41 at 18:20
こんにちは。全くその通り..
by じゅくせんまさや at 15:08
「教え子を戦場に送るな」..
by Koji at 12:50
じゅくせんまさやさま、 ..
by walk41 at 05:02
いつも楽しみに拝読してい..
by じゅくせんまさや at 19:06
教員の労働時間は確かにブ..
by Koji at 22:22
大学は学校教育法上「学校..
by 回答者(仮名) at 17:35
施設管理のスペシャリスト..
by Kazuki KONAKA at 15:53
初めまして。 昨日子供..
by まさに。 at 10:33
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
賢さの自覚? das Se..
at 2018-07-21 01:05
地域のお祭り das lo..
at 2018-07-20 16:26
エアコン die Klim..
at 2018-07-20 15:28
清潔さの閾値 die Re..
at 2018-07-20 15:26
小さな子どもには難しい? F..
at 2018-07-20 15:18
バイオ天気 das Bio..
at 2018-07-19 02:23
プレゼンテーション die ..
at 2018-07-18 07:35
学習アトリエ das Ler..
at 2018-07-17 03:01
サッカーワールドカップ終わる..
at 2018-07-17 01:41
休暇 der Urlaub
at 2018-07-16 03:21
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧