学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

指導

どこかで似たようなことを書いているかもしれないので、ご容赦のほどを。

酒井朗さんが一つ整理してくれているが、アメリカの教員が遣う、teach, instruct はこのあとに「何を」という目的語を伴うのに対して、日本の教員の指導という言葉は、目的語を伴わずに用いれがちだ。だから、何でも指導の対象になり、「指導する」という言葉すらある。

ここから、教員の仕事が無限定な日本と解釈ができるし、この他にも、学校教育法37条「教諭は児童の教育をつかさどる」くらいしか、教員の職務規程がないこと、これはドイツの教員と比べても一つの傾向と言える(榊原禎宏「学校経営における教諭の権限・責任の位置-ドイツの事例から-」『山梨大学教育人間科学部紀要』8/263-270,2007.3)。この傾向は、「教育は人格の完成をめざし…」(教育基本法1条)から規定されているとも言えるだろう。

こうした教育観は、教員の職務範囲を描かないだけでなく、学校生活(ときに学校外生活も)全般に教員の目を児童・生徒に届かせ、彼らの一挙手一投足を指導の対象にという可能性を高める。

このことの良さと拙さ、両面があるのだろうけれど、相手から必ずしも求められていないのに(ニーズがないのに)、「子どものため」と指導に勤しむ危険性は繰り返し確かめられるべきだろう。これは、教科指導と生徒指導の言葉の成り立ちの違いからも明らかだ。

つまり、教科指導の場合は、「教科を」「生徒に」指導するのだが、生徒指導の場合は「生徒を」指導する。前者は目的語が明らかだが、後者は生徒を生徒に指導?? と変な言葉になっているのだ。 目的語を伴うほかの言葉を考えれば、たとえば、「エベレスト登頂」はわかるが、「生徒登頂」はおかしいのと同じこと。

この場合、「生徒登頂」は、生徒が、という意味にならざるを得ない。そうか、じゃあ、「生徒指導」とは生徒が、何かを指導するって意味?
[PR]
by walk41 | 2012-05-26 09:06 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 学校の名前 関わることと傷つけること >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
お久しぶりです。お元気で..
by walk41 at 18:20
こんにちは。全くその通り..
by じゅくせんまさや at 15:08
「教え子を戦場に送るな」..
by Koji at 12:50
じゅくせんまさやさま、 ..
by walk41 at 05:02
いつも楽しみに拝読してい..
by じゅくせんまさや at 19:06
教員の労働時間は確かにブ..
by Koji at 22:22
大学は学校教育法上「学校..
by 回答者(仮名) at 17:35
施設管理のスペシャリスト..
by Kazuki KONAKA at 15:53
初めまして。 昨日子供..
by まさに。 at 10:33
懐かしいご連絡をありがと..
by walk41 at 17:33
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
授業改善と教育の質(ドイツ語..
at 2018-04-25 21:18
文責
at 2018-04-24 22:05
大学の連携先
at 2018-04-23 23:00
女性頼みの観光誘致?
at 2018-04-22 07:13
女子大学のジレンマ
at 2018-04-21 06:36
実科学校修了試験のドイツ語を..
at 2018-04-18 14:57
女人禁制再論
at 2018-04-16 15:26
これは男女平等とは言えない
at 2018-04-16 06:44
博物館の頑張り
at 2018-04-15 08:27
自然のものとは知らなかった
at 2018-04-13 21:20
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧