人気ブログランキング |

学校・教職員の現在と近未来 Gegenwart und nähere Zukunft der Schule und ihrer Mitglieder

ガラスの破損

学校の金庫番でもある学校事務職員さんの話は、とても興味深い。

勤務校の職員向けに書いてもらったメッセージ、こんな文章を複数見つけた。

「生徒への指導は大変なことがあるのでしょうが、それにしても多くありませんか、ガラスの破損」「今日もガラスが割れた。あ~、また業者に電話をしなきゃ、と滅入る」

学校の外にいる立場からは、まだそんなに校内暴力が?と驚かされることしきり。学校間の違いは大きいのだろうか、お金の出入りを扱う立場だからこそ、よく見えることがあるのだなあ、と思わされた。
by walk41 | 2012-06-25 15:58 | 学校教育のあれこれ | Comments(3)
Commented by もくれん at 2012-06-25 21:58 x
3連投の記事。特別なことではありません。お話することは得意でも聞くことは上手ではありません。いつも自分が正義でないといけない、ある意味職業病かもしれません。
Commented by まさ at 2012-06-26 00:38 x
もくれんさんの指摘、身につまされる思いです。教員は話上手に聞き上手ではなく、話したがりの聞かない、待たない、話させないのかもしれません。常に自分が優位な立場にあり、さも当然と思いがちなのかもと 考えさせられます。経験則ですが、授業研究などで教室をのぞくと ほんとによく話をしている。教員側が。にも関わらず生徒の討論を重視していると教員はいう。話す隙を与えないのに?とハテナがたくさん浮かぶこともしばしばです。自戒の念をこめ 気をつけたいと思います。
Commented by walk41 at 2012-06-26 07:37
特別なことではない、とのもくれんさんの指摘、教員(大学教員も?)深く反省すべきでしょう。

と同時に、同じ職場にいながら、かくも状況認識やそれへの対応に「温度差」があることに愕然とします。リーダーシップと言われながら、教員の範囲内でしか発想、行動してこなかった学校管理職にも問題があると言わねばなりません。
<< 体罰 事務能力 >>



榊原禎宏のブログ(Yoshihiro Sakakibara Blog) 教育学の一分野、学校とその経営について考えます(um die Schule und ihre Verwaltung und Management)
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧