学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

賭ける教育実践

ある事象がどれほど確かなのかを見極めるには、次のような方法が取られる。たとえば医療現場で「この薬が、ある疾患に効くのか」を確かめるためには、医者も知ることができない状態で患者に向かい、薬を投与する直前に本物の薬なのか偽薬(プラシーボ)かを知るという条件を設定する。そして、薬を投与した患者に効果が見られ、そうでない患者には効果が見られないという両方が確認されて初めて、その薬の効用があったと見なすのだ。より厳密に検証するには、投与する医者にすら本物の薬かどうかが知らされることなく行われる場合もある(二重盲検法)。

こうした厳密さに比べて、学校教育で行われている授業研究という広義の実験は、まったく乱暴なものである。

①「~すれば~になる」という命題は、「~しなければ~にならない」という命題とセットで扱われるべきであるにもかかわらず、前者しか議論されることはない。つまり、「~になった」としても、それが「~したから」の影響かどうかはわからないままである。

②何か普段と違うことを教員が知らないことは不可能だから二重盲検法は採用できず、また生徒が研究発表授業であることを知らない訳にもいかず、それどころか、「明日はみんなが見に来るから、いい子でいてね」と周知すらされる始末である。これでは、何かが起こったとしても、教員の期待に応えたいと考えた子どもの協力の賜物と見るほうが妥当だろう。

③さらに、教室や体育館で何かが起こったとしても、それを測定することはほとんど不可能である。瞬くほどの間しか持続せず、見る人の主観に少なからず左右される「子どもの笑顔」や「みんなの盛り上がり」は言うに及ばず、テストで測定される「学力」ですら「瞬間最大学力」と揶揄されるほどに不安定なものである。

つまるところ、教育活動の結果や効果を正確に把握し、「よりよい」方法を明示する可能性はそれほど大きくないと踏むべきである。だからこそ、いろいろなやり方を歓迎すること、過去に囚われず新しい方法を試してみることが奨励されるべきなのだ。「こうやれば上手くいく」という知見を発見することはほとんどできない。

「それでは一回切りしかない一人一人の子どもにとっての授業で学習権を保障できない」って? そんなことはありませんって。小学校から高校まで10000回ほども授業を受けているのに、どれほどの授業を思い出せるだろうか。まったく不確かな話である。また、授業のあり方や教員の振る舞いが、それほど直截的な影響を児童生徒に及ぼすならば、もっと授業の「法則化」が進むはず。こうしたら良い子になった、ああしたら不十分な子にしかならなかったと。そんな知見は寡聞にして利かず、「授業の掟十八箇条」など存在しない。

ことほどさように、実際にはいろいろな授業があり、生徒なりの受け止めもあるとすれば、かくも授業や教育実践は不合理と理解することが論理的である。それ故に、「成功」の見通しを必ずしも立てることなく、つまり何パーセントほど上手く行きそうかどうかがわからないままに、まさに「賭ける」ことが日々行われているのだ。

教育-学習関係は不合理なものだと見なすこと、だからこそ意外性や創発性、すなわち驚きやロマンがあるというところから、議論を仕切り直すべきであろう。
[PR]
by walk41 | 2013-01-21 19:16 | ことばのこと | Comments(0)
<< 自動車運転免許と交通安全 人を死なせない教育? >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
お久しぶりです。お元気で..
by walk41 at 18:20
こんにちは。全くその通り..
by じゅくせんまさや at 15:08
「教え子を戦場に送るな」..
by Koji at 12:50
じゅくせんまさやさま、 ..
by walk41 at 05:02
いつも楽しみに拝読してい..
by じゅくせんまさや at 19:06
教員の労働時間は確かにブ..
by Koji at 22:22
大学は学校教育法上「学校..
by 回答者(仮名) at 17:35
施設管理のスペシャリスト..
by Kazuki KONAKA at 15:53
初めまして。 昨日子供..
by まさに。 at 10:33
懐かしいご連絡をありがと..
by walk41 at 17:33
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
女性頼みの観光誘致?
at 2018-04-22 07:13
女子大学のジレンマ
at 2018-04-21 06:36
実科学校修了試験のドイツ語を..
at 2018-04-18 14:57
女人禁制再論
at 2018-04-16 15:26
これは男女平等とは言えない
at 2018-04-16 06:44
博物館の頑張り
at 2018-04-15 08:27
自然のものとは知らなかった
at 2018-04-13 21:20
敬老者
at 2018-04-12 12:49
「少し」は何ポイントか
at 2018-04-12 08:02
学校の実力
at 2018-04-10 11:12
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧