学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

標準語

テーマそのものはあちこちで聴く話だけれど、じかにこの話を伺ったので紹介したい。

奄美大島で、与論島出身の壮年の男性に会った。与論には与論語というべき日本の「標準語」とまったく違う言語があるそうだが、子どもの頃、学校で与論語をつかうと教員に叩かれたという。もちろん、「標準語」を遣える子どもになって(「学力の高い子ども」!)本土でも安心して働くことができるようにとの「教育的配慮」からのことだろうが、子どもには、さぞかし理不尽なことだっただろう。沖縄での方言札とまったく同じ構図だ。

その男性は「ぼくの第一外国語は日本語です」と言われる。さもありなんと思う。「与論語を標準語に頭の中で置き換えてから、声に出していました」と言われるのだから、成人してから「外国語」を学ぶのと同じような経験をすで子ども時代にしていたということになる。ちなみにこの方は「英語は第二外国語です」とも。その通りですね。

日本人として、日本人らしく、といった物言いが好きな人もいるけれど、いわゆる離島に行くほど、この話は怪しくなってくる。どこまでがはたして日本なのか、よしんば日本だとしても、そこでは日本語の遣えることが「普通」なのか。

近代国家と母国、母国語、母語と、学校教育の根幹を改めて考えるヒントをもらった気がしたのだった。
[PR]
by walk41 | 2013-04-30 19:22 | ことばのこと | Comments(0)
<< 「学校の先生」 小まめに引こ >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
はじめまして、香菜子とい..
by 無力な教育者香菜子先生 at 13:53
お久しぶりです。お元気で..
by walk41 at 18:20
こんにちは。全くその通り..
by じゅくせんまさや at 15:08
「教え子を戦場に送るな」..
by Koji at 12:50
じゅくせんまさやさま、 ..
by walk41 at 05:02
いつも楽しみに拝読してい..
by じゅくせんまさや at 19:06
教員の労働時間は確かにブ..
by Koji at 22:22
大学は学校教育法上「学校..
by 回答者(仮名) at 17:35
施設管理のスペシャリスト..
by Kazuki KONAKA at 15:53
初めまして。 昨日子供..
by まさに。 at 10:33
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
拍子
at 2018-06-22 18:18
陳腐化
at 2018-06-20 11:16
一人で行うべき作業
at 2018-06-19 11:12
学校の施設・設備の管理
at 2018-06-19 07:37
曖昧さの大切さ
at 2018-06-15 17:10
知らなかった新幹線のこと
at 2018-06-14 16:16
「公的な場」に居続けられない
at 2018-06-14 15:18
学校における動物の風景
at 2018-06-13 08:45
繰り返し挙手論、そして同義反復
at 2018-06-11 15:17
保育園からの「悲しいとき~」
at 2018-06-11 02:19
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧