学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

技は勘!

日曜日の民放、がっちりマンディは、技の匠に贈られる黄綬褒章を得た人を訪ねる。

鹿児島県で、焼酎の樽を作る職人さんの話はとくに面白かった。何枚くらいの板で樽を作るのか、どれだけ縄を巻くのか、どれほどの強さで何回くらい叩くのか、すべて勘と仰る。跡継ぎに息子さんが名乗りを上げているが、どのように樽を作ったらいいのかの設計図がないと言う。なるほど。

まさに逆説めくけれど、ちゃんとしたものを作るためには設計図があってはいけない、すべてが職人の頭と体にしみ込んでいるものこそ、技だということだろう。技は勘なのだ。

ひるがえって学校では、「教師力」や「学校力」の継承・創造のために、教職員の身体を離れたシステムを作動させることを考えている。いつ誰がやっても、上手く学校が回るために。でも、そう考えようとした時点で、実はうまく行かないことになるのだ、匠の話では。

ここで問題、教職員なかでも児童生徒と毎日、直接に出会う教員は、職人なのか、それとも職員なのか。職人ならば、自分の身体にしみ込ませた技で勝負してほしい。言語化や数値化といった客観化などみじんも考えずに。それとも職員ならば、没人格的に仕事をすることが大切になるから、マニュアルに即していわば淡々と、ルーチンをこなしてほしい。

どちらが良い悪いと言うことはできない。世の中の仕事のおそらくほとんどは後者に属し、だからこそ割り切ってできる面も多いし、顧客の創出にもつながっている(相性の良し悪しなど言っていたら、お客は顔なじみばかりだ)。それに引き替え、教職がもし前者だというのであれば、それは前近代的な仕事ぶりとも言える。いまどき時代錯誤的でもあるけれど、その味わいがいいのよ、と啖呵を切る勢いがあるならば、それも一興ではないだろうか。

さて教職に就くみなさん(大学教員もそうだ)、どちらの道を選びますか。私はまあ前者かな。自分だからこそできる(自分だからこそできない)面を踏まえて、癖の強い頑固な職人モードでできればと思う。おっと、でも、無断で休講したり(大学教員25年目に入ったけれど、予め周知した以外で休講にしたことは一度もないなあ)や、授業をしないで単位を出すなんてことはしないよ。それは教員としての最低ラインでしょう。ということは、教員でもあるのかしらん。ああ難しい。
[PR]
by walk41 | 2013-05-05 21:59 | 身体 | Comments(0)
<< 教員の自己満足? シャーデンフロイデ >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
お久しぶりです。お元気で..
by walk41 at 18:20
こんにちは。全くその通り..
by じゅくせんまさや at 15:08
「教え子を戦場に送るな」..
by Koji at 12:50
じゅくせんまさやさま、 ..
by walk41 at 05:02
いつも楽しみに拝読してい..
by じゅくせんまさや at 19:06
教員の労働時間は確かにブ..
by Koji at 22:22
大学は学校教育法上「学校..
by 回答者(仮名) at 17:35
施設管理のスペシャリスト..
by Kazuki KONAKA at 15:53
初めまして。 昨日子供..
by まさに。 at 10:33
懐かしいご連絡をありがと..
by walk41 at 17:33
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
授業改善と教育の質(ドイツ語..
at 2018-04-25 21:18
文責
at 2018-04-24 22:05
大学の連携先
at 2018-04-23 23:00
女性頼みの観光誘致?
at 2018-04-22 07:13
女子大学のジレンマ
at 2018-04-21 06:36
実科学校修了試験のドイツ語を..
at 2018-04-18 14:57
女人禁制再論
at 2018-04-16 15:26
これは男女平等とは言えない
at 2018-04-16 06:44
博物館の頑張り
at 2018-04-15 08:27
自然のものとは知らなかった
at 2018-04-13 21:20
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧