学校・教職員の現在と近未来 Gegenwart und nähere Zukunft der Schule und ihrer Mitglieder

ミッション

北海道、十勝の帯広百年記念館を訪れた。今や北海道の食糧庫というほどに豊かになったこの地だが、明治中期に始まる開拓の歴史は、壮絶なものだったことがわかる。

その中でも、静岡県出身の依田勉三の熱意、というには言葉が足りない情熱には大変驚かされる。民間会社、晩成社を立ち上げ、政府から開墾を条件に払い下げられた土地、一万ヘクタールを15年間で開墾する予定だった。しかしながら、干ばつ、バッタの襲来、冷害などのために、最初の5年間でなし得たのはわずか20ヘクタール、およそ目標に及ぶものではなかったという。

その間、中心メンバーの気持ちの変化、方針の転換などを経ながらも、50年後に解散するまで、多くの土地を開墾し、その後の開拓者の先駆けとなった晩成社、その功績は讃えられ過ぎることはないだろう。

自らの生命を賭けても実現したいと思うミッション(使命感)は、まず持てることがすでに途轍もないことであり、後の状況の変化により、変わることを余儀なくされるものの、それでもなおごく一部の者に、この旗を掲げ続けた栄誉が与えられる。

ミッションを持ち続けることは大多数には難しいこととわかった上で、ミッションを問う側の覚悟も問われる。天に唾する者は…、回り回って…、を踏まえた経営論であるべきこと、つまり、「あなたのミッションは?」などと簡単に問えないことをわかった上での発問であるべきこと、を思わされたのである。
[PR]
by walk41 | 2013-09-01 22:46 | 身体 | Comments(0)
<< 騎馬戦はありますか 若かりし頃のジジ >>



榊原禎宏のブログ(Yoshihiro Sakakibara Blog) 教育学の一分野、学校とその経営について考えます(um die Schule und ihre Verwaltung und Management)
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
はじめまして、香菜子とい..
by 無力な教育者香菜子先生 at 13:53
お久しぶりです。お元気で..
by walk41 at 18:20
こんにちは。全くその通り..
by じゅくせんまさや at 15:08
「教え子を戦場に送るな」..
by Koji at 12:50
じゅくせんまさやさま、 ..
by walk41 at 05:02
いつも楽しみに拝読してい..
by じゅくせんまさや at 19:06
教員の労働時間は確かにブ..
by Koji at 22:22
大学は学校教育法上「学校..
by 回答者(仮名) at 17:35
施設管理のスペシャリスト..
by Kazuki KONAKA at 15:53
初めまして。 昨日子供..
by まさに。 at 10:33
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
クリスマスマーケット We..
at 2018-11-17 16:57
ハンガリーの「ナチス」
at 2018-11-17 07:45
メニュー Speiseka..
at 2018-11-17 01:34
郵便ポストの色は違えども ..
at 2018-11-16 18:44
他言語に対する心理的障壁 ..
at 2018-11-15 07:42
クリスマスムード Vorw..
at 2018-11-15 05:54
回転 gedreht
at 2018-11-14 20:31
逞しい kühn
at 2018-11-14 07:07
わからない Das kan..
at 2018-11-14 05:54
ごみ箱 Abfalleimer
at 2018-11-13 21:56
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧