人気ブログランキング |

学校・教職員の現在と近未来 Gegenwart und nähere Zukunft der Schule und ihrer Mitglieder

楽しそうな選挙活動

ドイツは22日が連邦議会選挙の投票日、その前日も市の中心では、各政党がパラソルを立てて、候補者の写真入りのポスターを掲げる。それぞれのテーブルにはリーフレットが置かれ、行きかう人を迎えようとしていた。

外国人の見方に限られるかもしれないが、とにかく楽しげな雰囲気に溢れている。各テーブルにはコーヒーやケーキが置かれ、支持者などに振舞われている。各政党は風船を膨らませ、人々に配っている。政党ごとの色が明確で、黄色、赤、緑など、それぞれの色のTシャツやズボンをはいてアピールする。

子どもに政党名の入ったポロシャツを着せているところもある。別の政党のところで風船をもらってもいる。ピエロに扮した党員あるいは支持者が子どもに歌を歌う。政党間で隣り合っているが、いがみ合うようなことは全く見られない。互いに挨拶もしあっている。不思議でもあるが、まあお祭り状態なのだ。

日本でそうやっていると思うのは難しい。真剣なのはいいけれど、明るさ、楽しさが圧倒的に足りないように思う。パラソルを立てるのは、日本の気候や街並に合わないのだろうか。あの緊張感をそぎ落とした感覚がいいなあ。

選挙カーがさっぱり見えないので、友人にたずねてみた。それは禁止されているのだと。名前だけの連呼をするどこかの国と違って、かくも静かな選挙期間だったと知ったことだった。
by walk41 | 2013-09-22 16:40 | ドイツのこと | Comments(0)
<< サービス ちょっとの勇気 >>



榊原禎宏のブログ(Yoshihiro Sakakibara Blog) 教育学の一分野、学校とその経営について考えます(um die Schule und ihre Verwaltung und Management)
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧