人気ブログランキング |

学校・教職員の現在と近未来 Gegenwart und nähere Zukunft der Schule und ihrer Mitglieder

„Keine Mauer hat auf Dauer Bestand.“

10月3日は1990年に東西ドイツが再統一された日で、1989年11月のベルリンの壁崩壊から327日後のことだった。私にとってのドイツであるBaden-Wuerttemberg州でも「ドイツ統一の日(Tag der Deutschen Einheit))を祝い、10月2,3日に多くのプログラムが催されている。

その最中、同州首相Kretschmann(緑の党)は、インタビューに応えたが、最後にこう締めくくっている。現在も残る、南北朝鮮の壁、イスラエルをめぐる壁などがあるが、自分はこう信じている。どのような壁も長くは残り得ない、と。壁(Mauer)と期間(Dauer)の韻を踏んでいるのだが、上手く言うなあと思わされる。

壁とは必ずしも政治的なものに限られないかもしれない。人と人との壁、男女、自国人と外国人、老若、健常者と障碍者など。あるいは地域間の壁、町と町、県と県、こうした壁も長くはもたず、やがて崩壊することを願って。「教える」と「教えられる」の壁もそうなってほしいな。
by walk41 | 2013-10-03 10:53 | ドイツのこと | Comments(0)
<< 時は流れて 無理はできない >>



榊原禎宏のブログ(Yoshihiro Sakakibara Blog) 教育学の一分野、学校とその経営について考えます(um die Schule und ihre Verwaltung und Management)
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧