人気ブログランキング |

学校・教職員の現在と近未来 Gegenwart und nähere Zukunft der Schule und ihrer Mitglieder

こんなことも論理が決める

NHK朝のニュース、ビタミンD不足から起こる、くる病が子どもに広がっていると、この飽食の時代なのにと驚かされた。

この背景には、①母乳のみで乳児を育てられた、②アレルギーを考慮して卵などビタミンDを多く含む食物を摂取していない、③紫外線対策などと皮膚でビタミンDを作る日光浴が少ない、という特徴があるのだとか。

なるほど。つまり、①乳児には母乳が一番、それだけで十分という論理、②アレルギー対策が最優位という論理、③紫外線対策が何よりという論理、が強い状況だと見なせる。

もちろん②など、これだけアレルギーが増えると、論理の「強い順」が時代や地域によって入れ替わることもある。論理的には可能でも、実際的にはできないこともある思う。

とはいえ、新しい論理を作ってみること、実際にできるかどうかを試みてみること、も意義は大きいだろう。「何となく」やっていることって、たくさんあるように思うから。
by walk41 | 2013-10-17 08:00 | ことばのこと | Comments(0)
<< ネットワークの有り難さ こんな仮説はいかが >>



榊原禎宏のブログ(Yoshihiro Sakakibara Blog) 教育学の一分野、学校とその経営について考えます(um die Schule und ihre Verwaltung und Management)
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧