学校・教職員の現在と近未来 Gegenwart und nähere Zukunft der Schule und ihrer Mitglieder

これは認められるべき?

小学校を訪問した。

授業公開だったので、駆け足ながら一渡り見せてもらう。

授業の内容もさることながら、興味深く思ったのは、4年生と同じ学年の、隣り合うクラスで、一方の教員は、授業中、児童を下の名前(名)で呼び捨てし、もう一方の教員は児童を上の名前(姓)にくん、さん付けをしていたことだ。いずれもベテランと言っていいくらいの年齢の女性である。

拙論「叱るときこそ丁寧に-教師の子ども呼称における賭け-」(『教育実践研究紀要』12/225-229, 京都教育大学附属教育実践総合センター, 2012.03)に書いたが、子どもといえども(子どもだからこそ?)、どのように呼ばれるかによって、相手に対する印象は変わるとすれば、そのありようは、「教材研究」以前に問われるべきだろう。

しかも同じ学年、たまたま当たった学級担任の考え方で、呼ばれ方が多少なりとも違うことは「誤差」として許容範囲なのだろうか。それとも、「それぞれのカラー」が出るのが学級経営だから仕方がない、あるいはむしろ望ましいことでもあるのだろうか。そもそも、児童がそう呼ばれていることを互いが、さらには校長ほか他の職員は知っているのだろうか。

せめて、「なぜそう呼ぶか」を両者で話し合ってほしい。それでこそ、「風通しの良い」組織だろうと、私は願うのだけれど。
[PR]
by walk41 | 2013-11-02 06:34 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 続くことのすごさ 「何となく」の恐さ >>



榊原禎宏のブログ(Yoshihiro Sakakibara Blog) 教育学の一分野、学校とその経営について考えます(um die Schule und ihre Verwaltung und Management)
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
はじめまして、香菜子とい..
by 無力な教育者香菜子先生 at 13:53
お久しぶりです。お元気で..
by walk41 at 18:20
こんにちは。全くその通り..
by じゅくせんまさや at 15:08
「教え子を戦場に送るな」..
by Koji at 12:50
じゅくせんまさやさま、 ..
by walk41 at 05:02
いつも楽しみに拝読してい..
by じゅくせんまさや at 19:06
教員の労働時間は確かにブ..
by Koji at 22:22
大学は学校教育法上「学校..
by 回答者(仮名) at 17:35
施設管理のスペシャリスト..
by Kazuki KONAKA at 15:53
初めまして。 昨日子供..
by まさに。 at 10:33
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
サービス砂漠 Servic..
at 2018-10-17 23:29
いろんな子どもが一緒に学んで..
at 2018-10-17 18:52
水晶の夜 Reichspo..
at 2018-10-16 21:58
いっそう多様な社会へ im..
at 2018-10-16 03:49
もう言わずもがな nich..
at 2018-10-15 04:28
西洋トチノキ Rosska..
at 2018-10-15 00:14
これでいいのか Ist d..
at 2018-10-14 00:34
教員のサバティカル Sab..
at 2018-10-13 21:10
教員へのアンケート Fra..
at 2018-10-12 14:43
印象操作 Vorstell..
at 2018-10-10 21:04
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧