学校・教職員の現在と近未来 Gegenwart und nähere Zukunft der Schule und ihrer Mitglieder

続くことのすごさ

各地から七つの大学の教員と学生が集まり、卒業論文や修士論文の進捗を報告して議論するという、いわば他流試合に臨む会が京都で開かれた。今年はホスト校としてお世話したが、準備が十分でなかったり、予想外のことが起こったりと、迎えた学生たちは、人をもてなすことの難しさも学んだかと思う。

年にもよるが、60人から80人ほどの教員と学生がこうして集い、短い日程ながら、集中して時間を過ごすという経験は、とりわけ学生にとって意味ある機会になっているのではないだろうか。普段はゼミの教員による指導に限られるのに対して、多くの教授から指摘を受ける、あるいは、ゼミメンバー以外の学生からの質問に答え、意見を聴く、こんな機会をぜひ活かして、自分の論文完成を目指して多いに励んでほしい。

同時にこうも思う。当たり前のようにこうした会が開かれていること、特段、発展している訳でもないが、おおよそ同じような時間が流れることが、実は当たり前ではなく、関係者の参加意欲やホスト校の熱意などに支えられているのが、すごいことではないかと。

大学教育としての職務でもなく、やらなければならないことでもない。にもかかわらず、途切れることなく続いているということ、学生たちには、そのちょっと珍しさを感じながら、たくましく自分の課題に向かってほしいなと願っている。
by walk41 | 2013-11-03 15:45 | Comments(0)
<< 『銀の匙』 これは認められるべき? >>



榊原禎宏のブログ(Yoshihiro Sakakibara Blog) 教育学の一分野、学校とその経営について考えます(um die Schule und ihre Verwaltung und Management)
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
よなすさんへ、コメントを..
by walk41 at 18:37
いつも興味深く拝読してい..
by よなす at 00:02
はじめまして、香菜子とい..
by 無力な教育者香菜子先生 at 13:53
お久しぶりです。お元気で..
by walk41 at 18:20
こんにちは。全くその通り..
by じゅくせんまさや at 15:08
「教え子を戦場に送るな」..
by Koji at 12:50
じゅくせんまさやさま、 ..
by walk41 at 05:02
いつも楽しみに拝読してい..
by じゅくせんまさや at 19:06
教員の労働時間は確かにブ..
by Koji at 22:22
大学は学校教育法上「学校..
by 回答者(仮名) at 17:35
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
教員不足の責任はどこに Wo..
at 2019-02-24 10:35
進化するサービス entw..
at 2019-02-23 20:32
過剰では? exzessiv?
at 2019-02-22 16:08
丁寧さ Höflichke..
at 2019-02-21 23:46
「構ってほしい」kümmer..
at 2019-02-21 05:58
飛行機から投下された爆弾 ..
at 2019-02-20 09:21
バッテラ bateira
at 2019-02-19 16:50
Gemeinschaft 再..
at 2019-02-17 12:12
知らなけれど分かる wis..
at 2019-02-16 23:16
「どっちでもいい」 „mi..
at 2019-02-15 06:14
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧