学校・教職員の現在と近未来 Gegenwart und nähere Zukunft der Schule und ihrer Mitglieder

教えられても、違うように学ぶ

共同通信 2013年11月6日

高知市の公立小で10月上旬、2年生の担任の60代女性教諭が「帰りの会」で着席しなかった男児の尻をたたくよう、学級の児童全員に指示していたことが6日、分かった。高知県教育委員会は教諭を処分する方針。

高知市教委によると、男児は普段は特別支援学級に通い、帰りの会や一部の授業は普通学級に参加していた。帰りの会で男児がなかなか席に着かず進行が遅れたことから、教諭は児童約20人に、男児の尻をたたいてから帰るよう指示。大半の児童は軽く触れる程度だったが、顔を平手打ちした児童もいたという。
----------
着席してほしい立場としては、そうならない児童がいることは癪に障るが、だからといって、自分の怒りの先を他の子どもに代替させる教員がいるというのは、なかなかすさまじいものがある。自分でたたくと「体罰」になることを懸念したため、と見るのは意地悪に過ぎるだろうか。

その上で興味深いのは、教員が「尻を叩いて帰るように」と教えたことに反して、「大半の児童は軽く触れる程度」だったということ。「教えられたにもかかわらず、違うように学ぶ」好例として、今後も紹介されることだろう。

小学校2年生、生まれて8年くらいで、かくも学習能力を持つ人間というもののすごさ。「後進恐るべし」とは、学校教員こそ胸に刻むべき言葉である。
by walk41 | 2013-11-06 22:21 | 身体 | Comments(0)
<< 諺で論理の練習を なんでこうなるの? >>



榊原禎宏のブログ(Yoshihiro Sakakibara Blog) 教育学の一分野、学校とその経営について考えます(um die Schule und ihre Verwaltung und Management)
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
よなすさんへ、コメントを..
by walk41 at 18:37
いつも興味深く拝読してい..
by よなす at 00:02
はじめまして、香菜子とい..
by 無力な教育者香菜子先生 at 13:53
お久しぶりです。お元気で..
by walk41 at 18:20
こんにちは。全くその通り..
by じゅくせんまさや at 15:08
「教え子を戦場に送るな」..
by Koji at 12:50
じゅくせんまさやさま、 ..
by walk41 at 05:02
いつも楽しみに拝読してい..
by じゅくせんまさや at 19:06
教員の労働時間は確かにブ..
by Koji at 22:22
大学は学校教育法上「学校..
by 回答者(仮名) at 17:35
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
進化するサービス entw..
at 2019-02-23 20:32
過剰では? exzessiv?
at 2019-02-22 16:08
丁寧さ Höflichke..
at 2019-02-21 23:46
「構ってほしい」kümmer..
at 2019-02-21 05:58
飛行機から投下された爆弾 ..
at 2019-02-20 09:21
バッテラ bateira
at 2019-02-19 16:50
Gemeinschaft 再..
at 2019-02-17 12:12
知らなけれど分かる wis..
at 2019-02-16 23:16
「どっちでもいい」 „mi..
at 2019-02-15 06:14
優れもののビン回収装置
at 2019-02-13 20:57
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧